03 /

16

Sat

  • WWW
  • WWW X
  • WWW β

活躍中(近田春夫+恒田義見+高木英一) / 蓮沼執太フィル / トリプルファイヤー / イ・ラン / カネコアヤノ / and more

Alternative Tokyo

活躍中(近田春夫+恒田義見+高木英一) / 蓮沼執太フィル / トリプルファイヤー / イ・ラン / カネコアヤノ / and more
WWW & WWW X
OPEN/START
13:00 / 14:00
ADV./DOOR
¥6,500(税込 / ドリンク代別 / オールスタンディング)
※未就学時入場不可となります。また、当公演はフェスティバル形式となりますので出演者変更による払い戻しはいたしません。
LINE UP
活躍中(近田春夫+恒田義見+高木英一) / 蓮沼執太フィル / トリプルファイヤー / イ・ラン Lee Lang(with イ・ヘジ Lee Hyeji) / カネコアヤノ(バンド編成) / and more
TICKET
◆オフィシャル先行期間: 2019/1/8 12:00〜2019/1/25 23:59 (※特製ステッカー付)
オフィシャル先行URL: http://eplus.jp/alternativetokyo/
クリエイティブマン3A・モバイル先行期間: 2019/1/8 15:00〜2019/1/14 23:59
◆一般発売:1/26(土)
e+ / チケットぴあ[P:71783] / ローソンチケット
INFORMATION
CREATIVEMAN PRODUCTIONS tel:03-3499-6669

オフィシャルサイト:https://www.creativeman.co.jp/artist/2019/01alt_tokyo/

"Alternative Tokyo"が渋谷に場所を移し、3/16(土)WWW、WWW X 両店にて4回目の開催決定。

音楽部門の第一弾出演者は、近田春夫率いる"活躍中"、蓮沼執太フィル、トリプルファイヤー、イ・ラン、カネコアヤノの5組!

 

"Alternative Tokyo"とは、商業的な音楽や方法論的な流行音楽とは一線を引き、時代の流れに捕われない普遍的な音楽を中心に、ART展示やトークセッション等を通じてそれぞれのコンテンツを紹介していくことを理想とし実践していくイベント。4回目となる次回は、新木場から渋谷に場所を移し3/16(土)WWW、WWW X 両店を会場にして開催。

今回は音楽部門の第1弾を発表。

実に38年ぶり!にソロ名義のアルバムをリリース、常に時代のエッジに位置するレジェンド近田春夫率いるバンド"活躍中"。坂本龍一、アート・リンゼイ、高橋悠治、ジム・オルークらとの共演や共作などを重ねてきた気鋭音楽家のポップオーケストラ"蓮沼執太フィル"。「タモリ倶楽部」での評価や、吉野寿、峯田和伸、ピーター・バラカンに至るまで熱い支持を受け続けるバンド"トリプルファイヤー"。叙情的でいてウィットに富んだ鋭い描写のソングライティングで注目を集め、シンガーソングライターとしてのみならず文筆・コミック・映像作家としてもマルチな才能を発揮する韓国出身の"イ・ラン"。可憐なルックスからは想像にしにくい高田渡や町田康を彷彿させる異質の存在感を放ち、観るものに鮮烈な印象を残す93年生まれのシンガーソングライター"カネコアヤノ"(バンド編成)。

Tokyoに集る表層的なものだけでは計れない人々の考えや楽しみも広義で探って行くべく、探究心を留めることのない音楽ファンのためのイベント Alternative Tokyoにぜひご注目ください。

 

主催/企画/制作: CREATIVEMAN PRODUCTIONS / WWW

 

 

190316_ph_chikada.jpg

活躍中(近田春夫+恒田義見+高木英一)

2017年、ハルヲフォンのメンバーだった近田春夫(Key,Vo)、恒田義見(Dr,Vo)、高木英一(B,Vo)の3人で結成。ドラム、ベース、キーボード(ハモンド)というミニマルな編成でグルーヴを追求した最新型のロックンロールバンド。

 

180316_ph_hasunumashuta.jpg 

蓮沼執太フィル

蓮沼執太がコンダクトする、総勢16名が奏でる現代版フィルハーモニック・ポップ・オーケストラ。5人編成の蓮沼執太チームを母体として2010年に結成され、これまでに、ラフォーレミュージアム原宿、WWW、WWW X、リキッドルームなどのライブハウスから、東京都現代美術館、東京オペラシティ・リサイタルホール、大阪国立国際美術館、愛知芸術文化センターなどで演奏の機会を重ねてきた。
2014年1月にファーストアルバム『時が奏でる』(SPACE SHOWE MUSIC)をリリース。同年、札幌、福島、名古屋、京都、広島、高松にてリリースツアー。2016年2月にスパイラルホール2daysを実施、2017年1月に草月ホールにて単独公演を実施。
2018年7月18日にセカンドアルバム『アントロポセン』(日本コロムビア)をリリース。すみだトリフォニーホールでのアルバム発売記念公演「フルフォニー」を皮切りに、名古屋デザインホール、大阪千日前ユニバース、福岡MUSIC CITY TENJINにてツアーを敢行。

蓮沼執太(conduct, compose, keyboards, vocal) | 石塚周太(Bass, Guitar) | イトケン(Drums, Synthesizer) | 大谷能生(Saxophone) | 葛西敏彦(PA) | 木下美紗都(Chorus) | K-Ta(Marimba) | 小林うてな(Steelpan) | ゴンドウトモヒコ(Euphonium) | 斉藤亮輔(Guitar) | Jimanica(Drums) | 環ROY(Rap) | 千葉広樹(Violin, Bass) | 手島絵里子(Viola) | 宮地夏海(Flute) | 三浦千明(Flugelhorn, Glockenspiel)

 

190316_ph_triplefire.jpg

トリプルファイヤー

吉田 靖直(vocal)/ 鳥居 真道(guitar)/ 山本 慶幸(bass)/ 大垣 翔(drums)
2006年結成、2010年に現在の編成となる。
「高田馬場のJOY DIVISION」「だらしない54-71」などと呼ぶ人もいた。
ソリッドなビートに等身大の歌詞をのせていてかっこいい。人気がある。
メンバーはみな性格が良く、友達が多い。

 

190316_ph_LeeLang.jpg

イ・ラン Lee Lang(with イ・ヘジ Lee Hyeji)

韓国ソウル生まれのマルチ・アーティスト。シンガー・ソングライター、映像作家、コミック作家、イラストレーター、エッセイストと活動は多岐にわたる。16 歳よりイラストレーター、漫画家としてキャリアを開始。その後、大学で映画の演出を専攻し、2006年に音楽活動をスタート。日記代わりに録りためた自作曲が話題となり、2011年にシングル「よく知らないくせに」でデビュー。翌夏にファースト・アルバム『ヨンヨンスン』を、2016年には自身が主催したイベント『新曲の部屋』コンピレーションと、翌2017 年の第14 回韓国大衆音楽賞最優秀フォーク楽曲賞を受賞したセカンド・アルバム『神様ごっこ』をリリースして大きな注目を浴びる。2016年には柴田聡子と「イ・ランと柴田聡子のランナウェイ・ツアー」を成功させ(今後ふたりの共作リリースも予定)、2018年のジャパン・ツアーも全4都市5公演をすべてソールドアウト。その発言や一挙手一投足がセンセーションを呼んでいる。

 

190316_ph_kanekoayano.jpg

カネコアヤノ(バンド編成)

弾き語りとバンド形態でライブ活動を展開中。
2016年4月には初の弾き語り作品『hug』を発表、その後、続々と新作をリリースする。2016年12月発表のEP『さよーならあなた』、2017年4月発表のEP『ひかれあい』では新たなメンバーと大胆なバンドサウンドを展開し注目を集める。2017年9月には初のアナログレコード作品『群れたち』を発表。2018年4月に新作アルバム『祝祭』をリリースした。

WWW

〒1500042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル地下
RISE Bldg,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo
150-0041 JAPAN
03-5458-7685

WWW X

〒1500042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル2F
RISE Bldg 2F,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo
150-0041 JAPAN
03-5458-7688

ATTENTION

WWW / WWW Xでは22:00以降、
20歳未満の方のご入場はお断りしております。
22:00以降は年齢確認のため、顔写真付きの
公的身分証明書をご持参ください。
Over 20's only and Photo ID is required for admission to WWW / WWW X after 22:00.