09 /

26

Mon

  • WWW
  • WWW X

Holy Fuck

WWW X Opening Series Holy Fuck

Holy Fuck
WWW X
OPEN/START
19:00 / 20:00
ADV./DOOR
¥5,500 / ¥6,000(ドリンク代別 / オールスタンディング)
LINE UP
Holy Fuck
TICKET
先行発売:http://eplus.jp/holyfuckwwwx/ 受付期間:7/27(水)19:00〜7/31(日)23:59
一般発売:8/6(土)
チケットぴあ [P:306-556] / ローソンチケット [L:70077] / e+
INFORMATION
WWW X 03-5458-7688
ホーリー・ファック、遂に初のヘッドライン・ツアーで来日決定!
 
ラウドでハードコアな音塊!めくるめく浮遊メロディ!
人力とエレクトロニクスが織りなす混沌と恍惚の先鋭サウンドで踊り狂え!
ハードコア、クラウト・ロック、エレクトロニカ、ハウス、インダストリアルからアヴァンギャルドまで様々な音楽要素を飲み込み、ブラック・ダイスやバトルスなどのブルックリン勢に比肩する先鋭的サウンドで、ルー・リードやレディオヘッドをも魅了して来たホーリー・ファック。
既に話題になっている6年ぶりの最新アルバム『コングラッツ』のブッ飛び具合が実に凄まじい。人力とエレクトロニクス、ハードコアな音塊と歌心溢れる浮遊メロディを融合がお見事過ぎて、もはや笑える程にライブが待ち遠しい!
まだその名が広く知られる前に、SXSWで彼らのライブを見たルー・リードをして、「全出演者の中で彼らが一番最高だった」と言わしめたホーリー・ファックだが、さらにスケールアップした今の彼らのライブは見逃せるわけない!

来日に先駆け、iTunesとCDショップにて、最新アルバムが期間限定でプライスオフ!
http://www.beatink.com/Labels/Beat-Records/Holy-Fuck/BRC-510/

狙いすましたサウンドプロダクションがとてもかっこいい。
荒々しくも繊細なビート、シンセとギターが生み出す浮遊感のあるメロディに身体が反応するとどこまでも踊れる気がしてくる。
深夜に聴いて何も考えず踊り狂いたい。
- 石毛輝(lovefilm / the telephones)

単なるループじゃないバンドだからこそ表現できるトランス感が本当に上手く表現された作品。機械的なループの中に衝動に駆られて出てきたようなリフが散りばめられていて、その尖った衝動の合間に意表をついて差し込まれる歌心が機械的なループと人間的なバンドのコントラストを深めている。秀逸なアルバムです。
- 武田信幸(LITE)

ゼロ年代のブルックリン勢とタメをはった、イクレクティックで実験精神旺盛なサイケデリア。
そしてメッツやガール・バンドらテン年代のノイズ・アディクトさえ怯ませる、ラウドでハードコアな音のカタマリ。
人力とエレクトロニクスの飽くなき交配の先に拓けた、6年ぶりのニュー・アルバムが見せる深化と洗練。
- 天井潤之介

世界的なEDMの流行と生演奏回帰の流れが混在する現在のシーンに対して示した明確な回答
- MUSIC MAGAZINE

パンクやハードコアに通じるシンプルでハードな鉄壁のグルーヴのパワーに注目
- TV Bros

深みを増した音があなたを別世界に誘う
- Warp magazine

バトルスの『Mirrored』が人力テクノ・ロックの金字塔なら、こちらは人力ハウス・ロックの金字塔と言い切ってしまいたい。
- bounce
 

ホーリー・ファック(Holy Fuck)
2004年にカナダのトロントで結成され、まだその名が広く知られる前から、SXSWで彼らのパフォーマンスを見たルー・リードをして、「全出演者の中で彼らが一番最高だった」と言わしめた、カナダ・トロント発の新進気鋭バンド、ホーリー・ファック。ブラック・ダイスやバトルスといった同時代のブルックリン勢に比肩するノイジーでパーカッシヴなインストゥルメンタル・ロックには、ハードコアやエレクトロニカ、クラウト・ロックからアヴァンギャルドまで数多くの音楽要素を飲み込んだスタイルが人気を博している。またレディオヘッドからも寄せられた称賛の声は、その音楽的なクオリティとポテンシャルの高さを物語る証左と言えるだろう。
実に6年ぶりのリリースとなる最新作『コングラッツ』は、これまでの作品と大きく異なり、初めて本格的なスタジオでレコーディングされ、これまで"楽器"代わりに留められていた声/ヴォーカルがより明確に"歌"として機能している。結果、プロダクションや音響の部分でモダンな仕上がりを見せていると同時に、楽曲のフックを増したソングライティングが今作の醍醐味となっている。もちろん"人力"を駆使した演奏のダイナミクスや混沌としたエネルギーは健在。とりわけアルバムに先駆け公開された「Tom Tom」のインダストリアルな響きも帯びたビートやノイズ、ラウドにうねる音のテクスチャーには、彼らがプロデュースやコラボで交流を得たメッツら同郷カナダの後続世代のバンドからのフィードバックも聴き取ることができる。スーサイド、シルバー・アップルズ、カンといったアウトサイダー達に感化されて完成させた今作は、ホーリー・ファック史上もっとも大胆で予測不可能なインスピレーションに満ちたアルバムであり、バンドを本格的なブレイクに導く代表作となるに違いない。
http://holyholyfuckfuck.tumblr.com

WWW

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル地下
RISE Bldg,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo 150-0041 JAPAN
03-5458-7685

WWW X

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル2F
RISE Bldg 2F,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo 150-0041 JAPAN
03-5458-7688

ATTENTION

WWW / WWW Xでは22:00以降、
20歳未満の方のご入場はお断りしております。
22:00以降は年齢確認のため、顔写真付きの
公的身分証明書をご持参ください。
Over 20's only and Photo ID is required for
admission to WWW / WWW X after 22:00.