10 /

06

Fri

  • WWW
  • WWW X

Alfred Beach Sandal + STUTS / KID FRESINO / C.O.S.A. / ZOMBIE-CHANG (BAND SET) / CHAI / tofubeats / MIYACHI / MonyHorse, PETZ (YENTOWN) / ゆるふわギャング / 【DJ】 Aspara / S-LEE / KOTSU (CYK) / Daigo Sakuragi (D.A.N.) / The Chopstick Killahz / YonYon

WWW & WWW X Anniversaries "Emotions" supported by EYESCREAM

Alfred Beach Sandal + STUTS / KID FRESINO / C.O.S.A. / ZOMBIE-CHANG (BAND SET) / CHAI  / tofubeats / MIYACHI / MonyHorse, PETZ (YENTOWN) / ゆるふわギャング / 【DJ】 Aspara / S-LEE / KOTSU (CYK) / Daigo Sakuragi (D.A.N.) / The Chopstick Killahz / YonYon
WWW & WWW X
OPEN/START
18:30 / 19:00 (END 24:00)
※18歳未満は22:00以降入場不可
ADV./DOOR
WWW X1周年 & WWW7周年記念 特別チケット:¥1,700 (税込 / オールスタンディング / ドリンク代別) ※枚数限定 SOLDOUT
通常チケット¥2,300 / ¥3,000 (税込 / オールスタンディング / ドリンク代別)
※ WWW / WWW X / WWWβ 出入り自由となります。
LINE UP
Alfred Beach Sandal + STUTS / KID FRESINO / C.O.S.A. / ZOMBIE-CHANG (BAND SET) / CHAI / tofubeats / MIYACHI / MonyHorse, PETZ (YENTOWN) / ゆるふわギャング / 【DJ】 Aspara [Lomanchi / MAL] / S-LEE [Neoplasia] / KOTSU[CYK] / Daigo Sakuragi (D.A.N. / [Bowler Room]) / The Chopstick Killahz[南蛮渡来] / YonYon
TICKET
WWW X1周年 & WWW7周年記念 特別チケット:8/26(土)〜9/2(土)
e+ 
一般発売:9/3(日)
チケットぴあ[P:343-391] / ローソンチケット[L:70905] / e+ / WWW店頭
INFORMATION
WWW 03-5458-7685

「多様な感情(Emotions)」の交わりから「現在( いま )」が浮かび上がるフライデーナイト。
新シリーズ「Emotions」、WWW の 7 周年、WWW X の1 周年を記念して両店合同スペシャル企画として初開催!

 

 

シーンの変化を象徴する様々なジャンルの気鋭の新世代アーティストがラインアップされWWW、WWW X、WWWβを舞台に様々な感情が交じり合い、現在が浮かび上がる新しいパーティーシリーズ「Emotions」の第1回目を今年7月にリニューアルスタートしたEYESCREAM WEB協力のもとWWW & WWW Xアニバーサリー企画として開催!

 

新世代の注目ラインアップにお手頃なチケット価格、

WWW、WWW X、WWWβを行き来しながら自由に楽しめる構成と24時ENDという終電でも帰れる時間設定でフライデーナイトを存分に楽しめます!

更にはWWW Xの1周年とWWWの7周年を記念した特別チケットを¥1,700(ドリンク代別)で8/26(土)から1週間期間限定販売!


171006_top_Alfredbeachsandal+stuts.jpgAlfred Beach Sandal

2009 年に北里彰久(Vo, Gt)のフリーフォームなソロユニットとして活動開始。ロックやラテン、ブラックミュージックなど、雑多なジャンルをデタラメにコラージュした上に無理矢理ABS 印のシールを貼りつけたような唯一無二の音楽性で、真面目に暮らしている。

STUTS
1989 年生まれのトラックメーカー/MPC Player。2013 年2 月、ニューヨーク・ハーレム地区の路上でMPC ライブを敢行。オーディエンスが踊り出す動画をYouTube で公開して話題になる。MPC Player として都内を中心にライブ活動を行う傍ら、ジャンルを問わず様々なアーティストよりトラック制作、リミックスの依頼を受けるようになる。2016 年4 月、縁のあるアーティストをゲストに迎えて制作した1st アルバム『Pushin'』を発表し、大きな反響を呼んだ。現在、国内外でのライブ活動を中心に、楽曲プロデュース、CM 音楽制作を行いながら、新しい作品制作に没頭している。 


171006_top_KID-FRESINO.jpg

KID FRESINO

Cocaina oil Musica Equipo 11/25/1993 dogearrecords


171006-top_cosa.jpgC.O.S.A.

Rapper , MdM crew , Summit
Born & Raised in C-City Yonkers , 1987 Chiryu-Yonkers ,
Somewhere , Other Shits
http://cosa-camorra.tumblr.com/


1701006_top_ZOMBIE-CHANG.jpgZOMBIE-CHANG (BAND SET)

メイリンによる音楽プロジェクト、ZOMBIE-CHANG(ゾンビーチャング)。
作詞作曲からトラックメイク、ライヴパフォーマンスまで全て1人で行う。
ニューウェーブやローファイなどと評されるその音は、80sテクノポップのような雰囲気も。
オリエンタルな音色とアンニュイな歌声が合わさった不可思議なサウンドに中毒者増殖中。 


CHAI_main_201709.jpg

CHAI

ミラクル双子のマナ・カナに、ユウキとユナの男前な最強のリズム隊で編成された4人組、『NEO - ニュー・エキサイト・オンナバンド』、それがCHAI。 誰もがやりたかった音楽を全く無自覚にやってしまった感満載という非常にタチの悪いバンドで、2016年の春以降、突然いろんな人が「CHAIヤバい」と韻を踏みながら口にし始め、 ある日突然ノンプロモーションなのにSpotify UKチャートTOP50に代表曲『ぎゃらんぶー』が突如ランクイン! (※最高位36位)。2017年SXSW出演と初の全米8都市ツアーも大成功におさめ、 4月26日に今現在のCHAIのヤバさがすべて詰め込まれた2nd EP「ほめごろシリーズ」をリリース。 その常軌を逸したライブパフォーマンスを観てしまった全バンドマンがアホらしくなってバンド解散ブームすら起こりかねないほど、 彼女たちに触れた君の2017年度衝撃値ナンバーワンは間違いなく『NEOかわいいバンド』、CHAIだよ!


171006-top_tofubeats.jpgtofubeats

1990年生まれ、神戸在住の音楽プロデューサー/DJ。
10代からインターネットを中心に活動を行い、 SMAP、YUKI、ももいろクローバー、平井堅、RIP SLYME、くるり、クラムボンなど、
ジャンルを問わず様々なアーティストのリミックスを手掛ける。
プロデューサーとしてもlyrical school、9nine、チームしゃちほこ、SALU、矢野顕子、ゆず、タッキー&翼など、幅広いアーティストに楽曲提供/アレンジで携わり、
SONY、NIKE、GORE-TEX、資生堂、BEAMS、SEGA、SHIPS、KOSE、PARCO、CONVERSE、 CITIZEN、JRAなど、TVCMやWebコンテンツの音楽制作等も多数。

DJとしても多くの現場をこなし、10代で出演したWIRE出演を皮切りに、各地のDJイベントでも活動中。
2014年にはイギリスBBCのラジオプログラム『BBC Radio1Xtra Diplo and Friends』 に日本人として初出演を果たした。

ソロアーティストとしては「水星 feat.オノマトペ 大臣」を収録したアルバム「LOST DECADE」、外部仕事を纏めたワークス集2枚を2013年にリリース。
同年秋にはWARNER MUSIC JAPANのレーベルunBORDEからメジャーデビューEP「Don't Stop The Music feat.森高千里」をリリースし、
2014年春にメジャー2nd EP「ディスコの神様 feat.藤井隆」をリリースし双方話題となる。

2014/10/02に待望のメジャー1stアルバム「First Album」をリリース。
以降、「First Album」「POSITIVE」と2枚のアルバムやリミックス・アルバム、EP各種をリリース。
2017年2月には約1年半ぶりとなる新曲「SHOPPINGMALL」、続く3月に新曲「BABY」を連続配信リリース。
2017年5月24日にメジャー通算3枚目となるアルバム「FANTASY CLUB」をリリース。

また、数誌でコラムの連載も行っており、各方面で精力的に活動中。



MIYACHI.jpg

MIYACHI

1993年2月12日、レオン・ミヤチ・パールは日系アメリカ人として、ニューヨークはマンハッタン、アッパー・ウエスト・サイドの音楽一家に生まれた。クラシックピアニストの両親のもと、ミヤチは高校入学時に作詞などの創作活動を始める。ミヤチはフィラデルフィアにあるテンプル大学で音響工学を学んだ。音楽の歴史を語る上で重要なこの地で、力強いインスピレーションと、日系アメリカ人としての人生経験と謙虚さを自らの音楽に融合させていった。出世作「Bad and Boujee Remix」(オリジナルトラックはMigos)はFacebook上で89万回の視聴回数(2017年5月時点)を記録し、その人気はここ日本にまで飛び火。渋谷ハーレムをはじめとするクラブでも耳にするようになった。英語と日本語を自在に操りつつも、所謂"バイリンガルラッパー"では括れないスタイルを武器に、世界的にも著名な音楽プロデューサー=HirOshimaと楽曲制作を行なっている。


171006monypetz.jpg

MonyHorse, PETZ (YENTOWN)

東京のナイトシーンで噂と話題の絶えない次世代ヒップホップ集団「YENTOWN」。

フィリピン国籍のMonyHorseは、同じ団地に暮らしていたKOHHとの出会いをキッカケにラップを始め、2012 年にKOHH とのコラボ曲「We Good」「Faded(remix)」(共に2012 年にKOHH が発表したミックステープ『YELLOW T△PE』収録)でシーンに颯爽と登場、18歳にして一躍脚光を浴びた。

PETZはTHE BOYZという3人組でY.G.S.P. プロデュースによる「BOYZ STANCE」などを発表し、2013年にはKOHH, Tokarev & PETZ 名義でリリースした「十人十色」がバイラルヒット、その存在が知られるようになる。

2016年にMONYPETZJNKMN名義でミニアルバム『上』『下』を2月と4月に立て続けにリリース。8月には追い打ちを掛けるようにEP『轟』を発表。10月には全米1 位ヒット「Harlem Shake」を持つバウワーがYENTOWN の面々らを迎えた「Night Out」をリリースし、話題を集めた。そして2017年5月にフルアルバム『磊』をフィジカルリリース。ストリートの景色をぐにゃりと変えてきた彼らへの注目度と関心度、人気は日増しに高まっている。


171006_top_Yurufuwa_Gang_photo-by-Yusuke-Yamatani.jpg

ゆるふわギャング

自主制作アルバム「Everyday Is Flyday」が各メディアの2016年間ベストに選ばれるなどブライテスト・ホープの呼び声高いRyugo Ishidaと、フィメール・ラッパーSophiee、そしてプロデューサーのAutomaticによるプロジェクト。2016年にゆるふわギャングを結成し、ミュージックビデオ"Fuckin' Car"がMajor LazorのDiploにツイートされ、海外メディアでも取り上げられる。2017年に発表したファースト・アルバム「Mars Ice House」は、ミュージック・マガジン誌の「日本のヒップホップベスト100」に2017年の作品として唯一ランクインするなど、批評家からの評価も高い。サウンドだけでなくクールなヴィジュアルでも注目を集め、Nikeなどのタイアップにも起用されている。

【DJ】

 171006-_top_YonYon.jpg

YonYon

 

ソウル生まれ東京育ちというバックグランドを持ち、DJ、トラックメーカ、シンガーソングライター、プロモーター としてマルチに活動するクリエイター。2011 年に DJ としてのキャリアをスタート。Future Beats、Hip Hop, UK Bass、House、Techno までジャンル を越え直感的にミックスするスタイルが世界中から評価され、日本のみならず東アジア、アメリカ、ヨーロッパ など国内外にまで活動の幅を拡大中。その類稀な清涼感のある歌声を生かして数々のバンドのボーカリストとし て活躍した経歴を持ち、現在はソロアーティストとして国内外のアーティストの楽曲にフィーチャリングで参加 している。R&B、HIP HOP のグルーヴをベースに、幼い頃から聴いていた J-POP/K-POP のメロディーを取り入れ、 すでに多くの革新的な作品を生み出してきた。また、海外のアンダーグラウンドアーティストを日本や韓国に繋げるためのブッキングエージェント、[BRIDGE] のプロモーターとして 2016 年に本格始動。東京に拠点を置き、ブッキングのみならず、企画・制作、アジアのア ンダーグラウンドミュージックシーンに関するコラムの執筆、英語 / 韓国語 / 日本語 の通訳・翻訳などを手がけ、 海外と国内のアーティストを繋いだ楽曲制作のプロジェクトも進めるなど、各国のカルチャーを相互に結ぶ架け 橋 (BRIDGE) となっている。2016 年から 2017 年 5 月にかけては、女性の芸術活動の支援を目的としたアトラン タ発のパーティー [Bae] のアジア展開におけるディレクションを手がけ、国境や人種、性的アイデンティティを越 えたクリエイティブ・エイジェンシー [BaeTokyo] へと成長させた経歴を持つ。

 

https://www.yonyon-musiq.com
https://www.instagram.com/yonyon.j
[MV] YunB - Ritalin (Feat. YonYon) https://youtu.be/lmmq5f7fWA4
[MV] 3 roses - Memories feat YonYon, YunB & Figerson https://youtu.be/YhSx-TD6BrI 


Aspara.jpg

Aspara [Lomanchi / MAL]

石川県出身大阪府在住のDJ。関西をはじめ、日本各地で精力的に活動中。

Licaxxx,Madeggと共にTimeOut Cafeにて不定期で開催されるハウスパーティー『MAL』を主催。音楽が好き。

https://soundcloud.com/aspara

https://twitter.com/asparaaspara


S-LEE2.jpg

 

S-LEE [Neoplasia]

S-LEE=SPEEDY LEE GENESISはビートMIXスタイルのACIDバイブDJです 。「Space/Migration/Intelligence/Life/Extention」へのシリアスな論理的実践と過度な想像により、S-LEEのプレイはメランコリーを伴う興奮状態をフロアーに創造します。

My play has dripped with an American bluesman.

https://twitter.com/anua1989x


KOTSU2.jpg

KOTSU [CYK]

1995年千葉県市川市生まれ。2014年にDJを始め、現在ハウス・ミュージックの同世代コレクティブ『CYK』クルーの一員としてパーティーを行う。個人でも様々なパーティーをオーガナイズし、17年8月には平日のパーティーの在り方を再定義する新たなコミュニティ・ベース「UNTITLED」のローンチを発表。DJとしても、海外の新鋭ハウスプロデューサーのサポートや大小関わらず様々なヴェニューにてギグを敢行している。また、フライヤーやZINEなどの製作も行なっている。"KOTSU"名義では10年代以降にリリースされたハウスミュージックを中心に広義に"ハウス"を解釈したプレイを行う。また、ネット上で見た90年代のレイブカルチャーや現行のネットカルチャーに影響を受け、ロウなグルーブネスを含有するハウスやジャングルなどを中心にプレイする別名義"DJ TRAFFIC"としても活動中。

http://kotsu0830.blog.houyhnhnm.jp

https://www.instagram.com/kotsu0830

https://soundcloud.com/kosuke-takemura


sakuragi(D.A.N.)2.jpg

Daigo Sakuragi (D.A.N.) [Bowler Room]

D.A.N.のボーカル、ギター、シンセサイザーを担当。2014年8月より、市川仁也(Ba)、川上輝(Dr)と3人で活動開始。様々なアーティストの音楽に対する姿勢や洗練されたサウンドを吸収しようと邁進し、いつの時代でも聴ける、ジャパニーズ・ミニマル・メロウをクラブサウンドで追求したニュージェネレーション。『FUJI ROCK FESTIVAL '15《Rookie A Go Go》』『FUJI ROCK FESTIVAL '16』に出演。DJとしても精力的に活動しており、ボウリング場を会場にしたオールナイトパーティー《Bowler Room》の主宰。


The Chopstick Killahz2.jpg

The Chopstick Killahz (Mars89 & min) [南蛮渡来]

Post tribal dance music DJ unit based in Tokyo.東京拠点のポスト・トライバル・ユニット。

https://soundcloud.com/thechopstickkillahz


主催・企画制作:WWW

協力:EYESCREAM

WWW

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル地下
RISE Bldg,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo 150-0041 JAPAN
03-5458-7685

WWW X

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル2F
RISE Bldg 2F,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo 150-0041 JAPAN
03-5458-7688

ATTENTION

WWW / WWW Xでは22:00以降、
20歳未満の方のご入場はお断りしております。
22:00以降は年齢確認のため、顔写真付きの
公的身分証明書をご持参ください。
Over 20's only and Photo ID is required for
admission to WWW / WWW X after 22:00.