07 /

19

Fri

2024

  • WWW
  • WWW X
  • WWWβ

Huerta (Leizure) / Taro

CHAOS

Huerta (Leizure) / Taro
WWW X
OPEN/START
23:30
ADV./DOOR
¥1,000
*DOOR ONLY
LINE UP
Fumiya Tanaka (Sundance / Perlon)
Huerta (Leizure)
Taro
TICKET
LivePocket
※20歳未満入場不可・要顔写真付きID / Over 20 only Photo ID required to enter
INFORMATION
WWW X 03-5458-7688

▼出演者変更のお知らせ

7/19"CHAOS"に出演予定のFumiya Tanakaが当初予定のフライトに乗り遅れた為、出演キャンセルとなりました。ご来場予定の皆さまには心よりお詫び申し上げます。
販売済みのチケットは全て払い戻しとさせていただきます。
※詳細は追ってアナウンスいたします。

またFumiya Tanakaに代わり、Taroが出演いたします。
チケットは当日券のみ、1,000円にて受付にて販売します。

Fumiya Tanaka不在で初開催となる"CHAOS"。
初来日のHuertaとTaroのプレイを存分にお楽しみ下さい。

50619.jpg
▼TARO
90年代中盤からプレイし続けてきたテクノ/ミニマル・ハウスをメインに幅広くアクセスしつつも軸足のぶれないグルーヴを持ち味とする。
田中フミヤとともに【CHAOS】をオーガナイズしている。
https://soundcloud.com/taroyoshida


5月のZipに引き続き、WWW XにてFumiya Tanakaの​​'CHAOS'が開催!今回はベルリンよりHuertaを日本初招聘。


まさに[Perlon]的なストイックなミニマル・テクノ/ハウスから、かつてエサ箱に眠っていたような(今また輝きを放っている)アーリー90s プログレッシヴ・ハウス、Fresh And Low "New Life"のようなエヴァーグリーンなディープ・ハウスの逸品まで。軽やかに横断したセレクトを披露したZipとFumiya Tanaka、そして忘我的なクラバー諸兄が作り上げたグルーヴは、7月19日のWWW Xへと続く。

先に開催された自身のロングラン・パーティー'CHAOS'では、長年のサポーターはもちろん、多国籍かつ老若男女のダンサーを虜にし、改めて世界的に/世代を越えた支持を得ていることを示したFumiya Tanaka。彼が今回初来日の気鋭をゲストに迎える。

HuertaことSteve Huertaは、Fumiya Tanakaと同じくベルリンを拠点とするアーティストだ。10年代前半にリリースを開始したHuertaは、近年Chaos In The CBD主宰の[In Dust We Trust]や、[SlapFunk](今年開催された当レーベルのパーティーにはFumiya Tanakaも出演)等の注目レーベルからリリースを重ねている。筆者個人的には、昨年に名レコード店'Phonica'のアフターアワー専門レーベル[Phonica AM]に提供していたリミックス(音源はこちらから)も推したい。そして、彼自身が主宰する[Leizure]もまたナイスなレーベルで、芯を食ったグルーヴを基調とした高純度のモダン・ミニマルを展開している。彼の作風とDJプレイでのアウトプットからは、まさに'CHAOS'的な、ダンスフロアをエッセンシャルなグルーヴで満たし、後はダンサーに全てを委ねるような意図を感じる。DJとフロアの共犯関係に対して忠実、とも言えるかもしれない。そんなわけで、日本においてはHuertaを初見の方も多いはずだが、気兼ねなく期待をしていてほしい。

本文の締めとして、Fumiya Tanaka当人のSNSでの言葉を引用させていただく。
「お客さんと音のクオリティにものすごく依存してるパーティーなのでスタートからグルーヴキープで」

Text by DNG (CYK / Lighthouse Records)

20240719_fumiya_tanaka.jpg▼Fumiya Tanaka (Sundance / Perlon)
DJ、トラックメイカーとして30年以上のキャリアを持ち、現在もシーンの最前線に立ち続ける日本のテクノを代表するアーティストの1人。強靭なグルーヴをベースに、サウンドとフロアが呼応し合いながら展開する独特のDJスタイルは、未だ類稀な存在感を放っている。フロアに直結したシンプルなグルーヴを好む姿勢は変わらないものの、ここ数年の"田中フミヤ"のプレイは、かつてKarafuto、Individual Orchestraといった名義で行ってきた音楽やハウスグルーヴへの取り組みが反映されている。
2010年からベルリンへと拠点を移し、欧州を中心に世界各国のパーティー、フェスにて活躍。その一方、自らがオーガナイズするパーティーCHAOSをベースに定期的に帰郷し日本での活動も続けている。
https://www.fumiyatanaka.com/

Huerta.jpg▼Huerta (Leizure)
Steve Huertaはハウスミュージック・アンダーグラウンドの最前線にいる。

10年前にロサンゼルスからベルリンに拠点を移して以来、Huertaはノスタルジックとフューチャリスティックが同居する、グルーヴを基調としたディープなサウンドに磨きをかけてきた。彼のプロダクションは、オールドスクールなテックハウスのファンクネスで揺れ動きながらも、瑞々しいテクニカラーのサウンドデザインで洗練されている。Slow Life、SlapFunk、Small Hoursといったアンダーグラウンドで最も評価の高いレーベルのいくつかからリリースされる彼のレコードは、太陽のようにスウィングするハウスが好きなDJやリスナーがフロアで聴けば必ず欲しくなる作品だ。

最近では、自身主宰のLeizureからヒット曲を多数リリースしており、2020年のレーベル立ち上げ以来、捨て曲なしの12インチを次々と発表している。珠玉のクラブトラックをコンスタントにリリースする一方で、彼はチルアウト・ルームへの進出も挑戦している。2020年の『Junipero』と2023年の『TV Slang』という2枚のLPでは、ダブ、ブレイクビーツ、ダウンテンポ、そしてアンビエントのテクスチャーで実験し、より内省的ではあるが、やはり優れたプロダクションスキルを披露している。セクシーなテックハウスのグルーヴであろうと、ムーディーなダブであろうと、彼のレコードはリビングルームだけでなく、ビッグルームでも同様に素晴らしく鳴り響く。 

優れた、多作なプロデューサーであるだけでなく、Huertaは世界各地の名高いクラブやフェスティバルでギグを重ねている。誰も知らないような埃の被ったレコードや、オリジナルのエディット、さらには新作のオリジナルプロダクションが詰め込まれたバッグを持つことで知られるHuertaは、他とは違うDJ経験を切り開いてきた。同質的なものが溢れるクラブ業界の中で、Huertaは特異な存在であり続けている。ブースとスタジオの両方で、彼はハウス・ミュージックの過去、現在、そして未来に対する深い知識を披露している。

WWW

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル地下
RISE Bldg,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo
150-0042 JAPAN
03-5458-7685

WWW X

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル2F
RISE Bldg 2F,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo
150-0042 JAPAN
03-5458-7688

ATTENTION

WWW / WWW Xでは22:00以降、
20歳未満の方のご入場はお断りしております。
22:00以降は年齢確認のため、顔写真付きの
公的身分証明書をご持参ください。
Over 20's only and Photo ID is required for admission to WWW / WWW X after 22:00.