02 /

23

Sun

  • WWW
  • WWW X
  • WWWβ

MARS89 / PINCH [Bristol / UK] / LIL MOFO / 脳BRAIN - A/V set - / ROMY MATS [解体新書] / JUN TAKAHASHI [UNDERCOVER] / ¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$U / DIANA CHIAKI / PICNICS / NOBUHIKO KITAMURA [HYSTERIC GLAMOUR]

UNDERCOVER presents MARS89 "THE DROOGS" Release Party

MARS89  / PINCH [Bristol / UK] / LIL MOFO / 脳BRAIN - A/V set  - / ROMY MATS [解体新書] / JUN TAKAHASHI [UNDERCOVER] / ¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$U / DIANA CHIAKI / PICNICS / NOBUHIKO KITAMURA [HYSTERIC GLAMOUR]
WWW X
OPEN/START
23:00 / 23:00 ※未成年者の入場不可・要顔写真付きID / You must be 20 or over with Photo ID to enter.
ADV./DOOR
ADV ¥2,500 | DOOR ¥3,000 | U23 ¥2,000*
 
*23歳以下は当日料金の1,000円オフ。受付にて年齢の確認出来る写真付きのIDをご提示下さい。*1,000 yen off the door price for Under 23. Please show your photo ID at door to prove your age.
LINE UP
MARS89
PINCH [Bristol / UK]
LIL MOFO
脳BRAIN - A/V set -
ROMY MATS [解体新書]
 
4TH:
JUN TAKAHASHI [UNDERCOVER]
¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$U
DIANA CHIAKI
PICNICS
NOBUHIKO KITAMURA [HYSTERIC GLAMOUR]
TICKET
RA / UNDERCOVER青山
INFORMATION
UNDERCOVER青山 03-3407-1232

東京拠点の注目のプロデューサー/DJ Mars89によるThom Yorke、Zomby、Low Jackのキラー・トリオのリミックスも収録した〈UNDERCOVER RECORDS〉からのサイバー・インダストリアルな最新EP/サウンドトラック『THE DROOGS』のリリース・パーティがWWW Xにて開催。

 

ゲストにダブステップのパイオニア、テクノへと接近した近年のブリストル・サウンドの核でもあるUKクラブ・ミュージックのオリジネーターの一人PINCH、ローカルからはLIL MOFO、前衛コラージュニスト脳BRAINのAVセット、解体新書のRomy Mats、¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$U、最近では小林うてなとのコラボレーションも行うDIANA CHIAKI、そして〈UNDERCOVER〉のデザイナーJUN TAKAHASHI等がラインナップ。この数年で大きな飛躍を遂げ、エッジを研ぎ澄ますMars89の美学と音楽性を体現したエレクトロニック/ダンス・ミュージックのナイトが〈UNDERCOVER〉によって開催される。

MARS89 - THE DROOGS.jpg
《リリース情報》MARS89 - THE DROOGS [UNDERCOVER RECORDS]

 

〈UNDERCOVER〉の19/20 AWメンズコレクションのショー・ミュージックを手掛け、〈Bokeh Versions〉などから作品のリリースを重ねる東京拠点のプロデューサー/DJ、Mars89が〈UNDERCOVER RECORDS〉から12インチEP『The Droogs』をリリース。

  

A面は、Mars89が〈UNDERCOVER〉の19/20 AWメンズコレクションのランウェイショーのために制作した音源をレコード用に再編集したもの。A1は、心臓の鼓動のようなビートを鋭利な電子音が切り裂く"Horrorshow"、続いてA2は硬質なマシーン・ビートに悲鳴のようなSEが反復するサディスティックなインダストリアル・ナンバー" Ultraviolence"、そしてA3には不穏なビートが地下空間にダビーに響くインダストリアル・ノイズ"Strack"と3曲を収録している。

 

B面には、〈UNDERCOVER〉と所縁のあるアーティストたちで、Mars89が〈Bokeh Versions〉から発表したEP『End Of The Death』収録曲を自身のプレイリストにセレクトしたThom Yorkeをはじめ、素顔を明かさずに作品を発表し続けているZomby、ダンスホール~サウンドアート~テクノを縦横無尽に往来する独特なサウンドで知られるLow Jackによるリミックスが収録がされている。

 

〈UNDERCOVER RECORDS〉は、Jun Takahashiがデザインを手掛ける〈UNDERCOVER〉が2006年より"架空のレコードレーベル"として、架空のバンドグッズを制作することに始まり、2017年には実在するクラウトロック/ジャーマンロックを代表するバンドのCANの12インチと、その発売を記念したアパレルも制作し、販売した。今回リリースされるMars89の『The Droogs』はレーベルにとって約2年ぶりのリリースとなる。

 

Release date: 2019/12/12 Thu
Label: UNDERCOVER RECORDS
Price: ¥2500(+tax)
Format: 12″ Vinyl

   

A1. Horrorshow
A2. Ultraviolence
A3. Strack
B1. Horrorshow (Thom Yorke Remix)
B2. Strack (Zomby Remix)
B3. Strack (Low Jack Remix)

 

試聴: https://boomkat.com/products/the-droogs

 

Mars89.jpg
Mars89

 

Mars89は現在東京を拠点に活動しているDJ/Composerである。 2016年にEP"East End Chaos"をリリース。 そして、それを足がかりに2017年に"Lucid Dream EP"をBristolを拠点とするレーベル"Bokeh Versions"からダブプレートとカセットテープというフォーマットでリリース。2018年にはアジア・ツアーや大型フェスへの出演を経て、Bokeh Versionsから12インチ"End Of The Death"をリリース。主要メディアで高く評価され、あらゆるラジオで繰り返しプレイされた。UNDERCOVER 2019A/WのShowや田名網敬一のドキュメンタリーフィルム、Louis Vuitton 2019A/W Mensの広告映像の楽曲などを担当。 BristolのNoods Radioではレジデントをつとめている。UNDERCOVER RECORDSよりThom York、Zomby、Low Jackのリミックスも収録したEPを発表。

 

https://www.mars89.com

  

2 Pinch.jpg

Pinch [Bristol / UK]

  

真のオリジナルなダンス・ミュージックを創造、再生、リリースする音楽への探求は、Pinchの人生における原動力である。ダブステップの先駆者であり、UKでこれまでに見られた音楽的な創造の波を巻き起こし、 2004年に故郷のブリストルで始めた〈Subloaded〉は、ロンドンでのFWD >>以外では最初となるダブ・ステップ/グライム・ナイトであり、今日までそのパーティの影響はブリストルのベース・コミュニティに波及している。

 

テクノのエンドレスな配列は、Pinchの音楽においてダブと同じくらいインスピレーション受けている。DJセットとプロダクションは、「ダブ・テクノ」というタームを1990年代にBasic Channelが策定した具体的な青写真としてではなく、これまでに考案された2つの最も汎用性の高い音楽スタイルを探求して組み合わせるための創造的な跳躍として使われ、ベースとダブのダイナミクスが張り詰めたサウンドスケープとテクノの雰囲気に織り交ぜられている。

 

Pinchのサウンドの強さと柔軟性はDJとして世界的な需要を自然に生み出し、英国とヨーロッパで定期的にプレイするだけでなく、アメリカ、カナダ、日本、中国、オーストラリア、東南アジア、ロシア、メキシコを含む40か国以上でツアーを行っている。この継続的な活動は、メディアやラジオの関心にも反映され、Pinchは、BBC R1、1Xtra、Kiss FM、Resident Adcisor、FACT、Red Bull(様々なプロジェクトに携わっている)でミックスを発表し、Fabricliveシリーズの2012年のセッションは自身のキャリアにおいて重要な記録を残している。

 

Pinchの長年にわたる活動の多くは自身のレーベル〈Tectonic〉であり、 2005年に設立して以来、Loefah、Skream、Scientist、2562、Photek、Digital Mystikz、Distance、Flying Lotus、Joker、Addison Groove、Peverelistなどのパイオニアをリリースし、クラブ・ミュージックの未来を見据える新しい才能を育てている。Pinchの重要な作品である2007年のアルバム『Underwater Dancehall』やトラック'Midnight Oil'、'Blow Out The Candle'、'The Boxer'は全て〈Tectonic〉からリリースされ、それ以外のリリースとリミックスは〈Planet Mu〉、〈Soul Jazz〉、〈Punch Drunk〉、〈Deep Medi〉、〈Swamp 81〉、〈Ninja Tune〉、〈Warp〉、〈Wichita〉、〈Wax〉、〈On-U Sound〉といったシーンにおいて有力なレーベルでフィーチャーされ、'Qawwali'、 'Punisher'、 'Croydon House'、 'Swish' など多くのベース・クラシックスを生み出している。

 

またコラボレーションへオープンな姿勢もPinchのアートの特徴の1つであり、長年、幅広いクラブ・ミュージックのプロデューサーと仕事を重ね、鬼才Shackletonと組んで〈Honest Jons〉のためにアルバムを制作、Riko DanをフィーチャーしたMurdanceとの共同作品、レジェンドであるAdrian Sherwoodとは2015年に『Late Night Endless』と2017年に『Man Vs Sofa』、2つのアルバムを制作し、Pinch&Sherwoodとしてライブ・ダブ・セットを演奏しながらワールド・ツアーも行う。

 

2019年には〈Berceuse Heroique〉から12インチを発表、新しいコラボレーション・シリーズも予定され、UKクラブ・ミュージックの真のオリジナルの1人として長年築かれた基盤の上に構築された、2007年リリースの<i> Underwater Dancehall </ i>アルバムのフォローアップも進行中である。

 

https://soundcloud.com/dj-pinch

 

3 LIL MOFO.jpg

LIL MOFO

 

Local D.J.

   

soundcloud.com/lil-mofo-busines

  

4 脳BRAIN.jpeg

脳BRAIN

 

東京都在住。78年生まれ。10代後半から現代音楽、実験音楽の音盤収集と同時にカセットMTRにて宅録を始める。1st『Cock Sucking Freaks』、2nd『L.S.D BREAKS』、また初のミックスもの『WHITEEYES』を2019年初頭にリリース。走馬灯映像コラージュミックスDVD『Surfin' L.S.D 』を2019年末にリリース。各タイトルはロスアプソンにて販売中。幡ヶ谷フォレストリミット『K/A/T/O MASSACRE 』『ideala』を中心にDJを行なう。

 

https://acidamanner.bandcamp.com

  

5 Romy Mats.jpg

Romy Mats [解体新書]

 

1994年、東京生まれ。2017年1月より、世界中のアンダーグラウンドから日本へと伝わるエレクトロニックミュージックを独自の視点で紹介するパーティー『解体新書』を主宰、レジデントDJを務めている。『解体新書』は、国内外の様々なアーティストをフィーチャーしながら、これまでにSaloon、WWWβ、Contact Tokyoと渡り歩き、規模と深度においては東京のシーンにおいて類を見ない発展を続けている。また、本名名義のHiromi Matsubara(松原裕海)でフリーランスのライター/エディターとして活動し、2014年からは、国内では老舗のエレクトロニックミュージック・メディア『HigherFrequency』で編集長を務めている。ライターやジャーナリストとしてダンスミュージックに接している経験をDJとしてのセレクトにも活かし、電子音楽における伝統と革新を織り交ぜ、都市と楽園を望み、調和と混沌を描く様に、常に幅広い視野で文脈を超えたミックスに挑んでいる。

 

https://soundcloud.com/hi-romy-mats-bara

  

6 ¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$U.jpg

¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$U

 

2008年SPINNUTSとMITSUKI主催KUHIO PANICに飛び入りして以降DJとして活動。naminohana records主催THE NAMINOHANA SPECIALでのKEIHIN、DJ NOBUとの共演を経て親交を深める。2014年春、千葉FUTURE TERRORメインフロアのオープンを務める。2015年、goatのサポートを数多く務め、DOMMUNEにも出演。PAN showcaseではLee GambleとBTOB。Oneohtrix Point Never大阪公演の前座を務める。2016年ZONE UNKNOWNを始動し、Shapednoise、Imaginary Forces、Kamixlo、Aïsha Devi、Palmistry、Endgame、Equiknoxx、Rabitを関西に招聘。Arca大阪公演ではArcaが彼のDJ setの上で歌った。2017年、2018年、2019年と3年続けてBerlin Atonalに出演。2018年からWWWにて新たな主催パーティー『TRNS-』を始動。Tasmaniaで開催されたDARK MOFO festivalに出演。BLACK SMOKERからMIX CD『Lazy Rouse』『Remember Your Dream』を、イギリスのレーベルHoundstoothのA&Rを手掛けるRob BoothによるMIXシリーズElectronic ExplorationsにMIXを、フランスのレーベルLatencyのRINSE RADIOのshowにMIXを、CVN主催Grey Matter ArchivesにAutechre only mixを、NPLGNN主催MBE seriesにMIX TAPE『MBE003』を、それぞれ提供している。

 

https://soundcloud.com/yousukeyukimatsu

 

7-Diana-Chiaki.jpg

DIANA CHIAKI

 

WWW

〒1500042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル地下
RISE Bldg,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo
150-0041 JAPAN
03-5458-7685

WWW X

〒1500042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル2F
RISE Bldg 2F,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo
150-0041 JAPAN
03-5458-7688

ATTENTION

WWW / WWW Xでは22:00以降、
20歳未満の方のご入場はお断りしております。
22:00以降は年齢確認のため、顔写真付きの
公的身分証明書をご持参ください。
Over 20's only and Photo ID is required for admission to WWW / WWW X after 22:00.