12 /

21

Sat

  • WWW
  • WWW X
  • WWW β

Nick Höppner / Gonno / Opal Sunn / and more

WHEREABOUT feat. Nick Höppner B2B Gonno,Opal Sunn

Nick Höppner / Gonno / Opal Sunn / and more
WWW X
OPEN/START
24:00 / 24:00
※未成年者の入場不可・要顔写真付きID / You must be 20 or over with Photo ID to enter.
ADV./DOOR
¥2,500 / Door ¥3,000 / U23 ¥2,000(税込/スタンディング)
※23歳以下は当日料金の1,000円オフ。受付にて年齢の確認出来る写真付きのIDをご提示下さい。
¥1,000 off the door price for Under 23. Please show your photo ID at door to prove your age.
LINE UP
Nick Höppner / Gonno (WC | Merkur | mulemusiq | International Feel) / Opal Sunn (Planet Sundae / Touch From A Distance) / and more
TICKET
RA available in English
INFORMATION
WWW X 03-5458-7688
共作をリリースしたばかりのNick HöppnerとGonnoのエクスクルーシブなB2B、Nickの新レーベルからフックアップを受けヨーロッパを中心に活躍が注目されるOpal Sunnのライブセット、ダブルヘッドライナーを迎えクラブ・ナイト『WHEREABOUT』の第5弾が開催!
 

CYK feat. Baba Stiltz、Discwomanショーケース、Daniel Bell、Project Pabloと続いたWWW Xが送るクラブ・ナイト『WHEREABOUT』の第5弾は、Nick Höppner B2B Gonno、Opal Sunnらを迎え開催。

4年ぶりの来日となるNick Höppnerと、今や日本を代表するDJとなったGonno。二人は〈Ostgut Ton〉からの共作EP『Lost』を2019年の秋リリースしたばかり。2年に及ぶ制作期間を経て共有されたエレガントかつサイケデリックな世界観が、今度はダンスフロアにて表現される。
エクスクルーシブなB2Bが快作のリリースを祝う一方で、Nick Höppner主宰の新レーベル〈Touch From A Distance〉や自身らのレーベル〈Planet Sundae〉からリリースを重ねるOpal Sunnも登場。即興性の高いセッションを土台に緻密かつ繊細、やわらかな空間音響に包まれるライブセットが、WWW Xのフロアをマシンハウスの銀河系へと導く。

 

作品や活動において共鳴し合う三者を迎え、年末の『WHEREABOUT』はメロディックな最高潮を目指します。

 

 
Nick-Höppner-by-©-Katja-Ruge_web_2.jpg
Nick Höppner

Nick Höppnerはベルリンの名門クラブBerghainとレーベル〈Ostgut Ton〉と密接に関わるDJ/プロデューサー。彼はBerghainと、特に同クラブのハウスミュージック・フロアPanorama Barにおける最古参のレジデントDJの1人でもある。2005年にはレーベル〈Ostgut Ton〉を共同設立し、2012年までそのマネージャーを務めた。
彼のプロダクションは、色彩豊かかつメロディックに、テクノとハウスを行き来する。これまでの彼のソロ12インチでは、高揚感のあるハウスや深みのあるメロディックなテクノダブセッション、不気味でパーカッシブなトラックまで、表情豊かな表現を行ってきた。
またDJセットにおいては、厳選されたトラックを用いて物語を語り、タフで生々しくエネルギッシュなハウス・パーティーセット、ドラマチックかつビッグルームなテクノ、またはその中間まで実に幅広く、成熟したアプローチは同時代の誰よりも彼を際立たせる。
2018年には自身がA&Rを務めるレーベル〈Touch From A Distance〉を開始し、Desert Sound Colony、Opal Sunn、Cameo Blushなどのニューカマーのリリースを手がける。
 
 
 
1506221700.jpg
GONNO (WC | Merkur | mulemusiq | International Feel)
日本の次世代ハウス/テクノを代表する旗手として、アシッドかつメロディック、幅広くストーリー性溢れるプレイで各地で活躍。
2011年にInternational Feel Recordingsからリリースされたシングル"Acdise #2"が、ロラン・ガルニエやジェームス・ホールデン、フランソワ・ケヴォーキアン等にプレイされ、2011年のベストテクノレコードと言えるヒットを記録。
2013年にはジェフ・ミルズ "Where Light Ends" のリミックス提供を初め、NYのBeats In Space Recordsからの"The Noughties EP"、ALTZとのスプリットシングル、Calm別名義K.F.のリミックス等を次々と発表、海外公演も数年に渡り行い、同年にはロンドンBoiler Roomに初出演も果たした。
2015年には4年ぶりにInternational Feelより新作"Obscurant"を発表。従来のアシッド/メロディックな要素を残しながら、スローモーかつポストクラシカルなアプローチを意欲的に取り入れた本作も、収録曲"A LIfe With Cralinet"はVice Magazine UKの音楽チャンネル "THUMP"の2015上半期において4位に取り上げられている。
8月には自身10年振りの、ワールドワイドではデビュー作となるアルバム "Remember The Life Is Beautiful"を発表、PitchforkやResident Advisorなど海外各メディアで賛辞を得る。
毎年恒例の欧州ツアーも2015年秋にはベルリンPanorama BarやグラスゴーSub Clubをはじめとした各国で大盛況に終わり、冬にはBoiler Roomの5周年にも出演し話題となった。
2016年、ベルリンBerghainが運営するレーベルOstgut TonからNick Hoppnerとの共作「Fantastic Planet」を発表。同年12月には、Berghainの12周年アニバーサリーパーティーにも出演を果たした。
近年ではヨーロッパの他にアメリカ/オーストラリア/アジアへのツアーも勢力的に行い、その傍らオランダDekmantelのPodcastシリーズにDJミックスも提供している。
 
 
Opal-Sunn-Press01.jpg
Opal Sunn (Planet Sundae | Touch From A Distance)

Alex KassianとHiroaki OBAによるプロデューサー、ライブユニット。多数のハードウェアを駆使したライブでは即興性の高いセッションを土台に楽曲の分解・再構築を織り交ぜる。2017年にレーベル"Planet Sundae"よりデビューEPの"I (Part 1)"を、続く"II (Part 2)"は2018年にリリースされ、Andrew Weatherall, DJ Sprinkles, Nick Höppnerなど数多くのアーティストから好評を得た。2018年にはPanorama BarのレジデントアーティストでありレーベルOstgut Tonの立ち上げからのマネージャー/A&Rを勤めたNick Höppnerによる新レーベル"Touch From A Distance"から"Parallax EP"をリリースしている。日本国内では2016年そして2018年に出演した"Rainbow Disco Club"、その他ドイツの"Fusion Festival"、イギリスの"Field Maneuvers"、モロッコでの"Atlas Electronic"など良質なフェスティバルに出演している。2019年1月そして9月に行ったPanorama Barでのライブセットは高い評価を受け、シーンでの存在感を着実に増している。
 

WWW

〒1500042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル地下
RISE Bldg,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo
150-0041 JAPAN
03-5458-7685

WWW X

〒1500042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル2F
RISE Bldg 2F,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo
150-0041 JAPAN
03-5458-7688

ATTENTION

WWW / WWW Xでは22:00以降、
20歳未満の方のご入場はお断りしております。
22:00以降は年齢確認のため、顔写真付きの
公的身分証明書をご持参ください。
Over 20's only and Photo ID is required for admission to WWW / WWW X after 22:00.