01 /

23

Wed

  • WWW
  • WWW X
  • WWW β

サンガツ

サンガツ@WWW

サンガツ
WWW
OPEN/START
19:00 / 20:00
ADV./DOOR
¥4,000 / ¥4,500(税込 / オールスタンディング / ドリンク代別)
LINE UP
サンガツ
TICKET
一般発売:11/23(金)
チケットぴあ[P:136-147] / ローソンチケット[L:76073] / e+
INFORMATION
WWW 03-5458-7685
お久しぶり、東京。

4つのドラムと2つのギターと1つのベース。
結成21年、7ピースバンド編成で送る、5年ぶりとなる完全新作の東京公演!
世界各地で演奏を重ねてきたサンガツの音楽の現在地へ、いまこそ、ようこそ。

ジム・オルークのプロデュースでデビュー以降、演劇・ダンス・映画など、音楽業界の枠を超えたコラボレーションを繰り広げ、さらにはバンドの枠をも取り払って、観客をも巻き込んだワークショップやパフォーマンス形式の実験的な公演にもシフトしながら楽曲とリスナーの関係についてフォーカスした活動を続ける、唯一無二のバンド・サンガツ。
2013年6月の北京・蓬蒿劇場での公演を皮切りに、ドイツ・韓国・台湾・上海・北京と海外諸都市でのツアーを重ね、東京からは少し遠ざかっていたサンガツが、5年ぶりに渋谷の夜に帰還します。これまでの思考と実践の結果を踏まえ、改めて原点に帰った対面式ステージで4ドラム、2ギター、1ベースという編成のバンドサウンドによって表現される彼らのトライアルの奇跡。果たして、どんな体験になるのか。
おそらく二度とは再現不可能な本公演、見逃し厳禁です!


Sangatsu_prphotomain.jpg
サンガツ Sangatsu

1997年に東京で結成。ジム・オルークのプロデュースによる『サンガツ』でデビュー。
音楽の枠にとらわれない、広く音を使った表現を創造することを目的に設立。
演劇・ダンス・映画等、他ジャンルとのコラボレーションも多数。
映画・舞台作品への楽曲提供、音が鳴らされるための仕組みやルール(プラットホーム)を作品として提示する新プロジェクト"Catch and Throw"の発表、2012年以降に発表する作品に関しての今後5年間における著作権放棄など、楽曲とリスナーの関係についてフォーカスした活動が注目を集める。
2013年6月の北京・蓬蒿劇場での公演を皮切りに、ドイツ・韓国・台湾等で海外公演を行う。
18年春、中国での上海・北京ツアーを行う。ライブハウス、美術館、劇場と、各地の空間を取り込んだパフォーマンスを観客と共有した。
近年は、ワークショップに注力し、非音楽家のワークショップ参加者による音楽公演や、ワークショップとツアーパフォーマンスを掛け合わせた公演等、より開かれた音楽の形を模索している。

http://sangatsu.com/ >>>ウェブサイトリニューアルしました。

WWW

〒1500042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル地下
RISE Bldg,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo
150-0041 JAPAN
03-5458-7685

WWW X

〒1500042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル2F
RISE Bldg 2F,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo
150-0041 JAPAN
03-5458-7688

ATTENTION

WWW / WWW Xでは22:00以降、
20歳未満の方のご入場はお断りしております。
22:00以降は年齢確認のため、顔写真付きの
公的身分証明書をご持参ください。
Over 20's only and Photo ID is required for admission to WWW / WWW X after 22:00.