09 /

02

Sun

  • WWW
  • WWW X
  • WWW β

Kyoto Jazz Massive Live Set / iki orchestra (Rei / 前田サラ / 中村達也 / 秋田ゴールドマン) / jizue / Schroeder-Headz / The Steve McQueens (from Singapore)

Tokyo Jazz X “X-BORDER”

Kyoto Jazz Massive Live Set / iki orchestra (Rei / 前田サラ / 中村達也 / 秋田ゴールドマン)  / jizue / Schroeder-Headz / The Steve McQueens (from Singapore)
WWW & WWW X
OPEN/START
15:00 / 16:00
ADV./DOOR
[各日]¥5,000 [2日通し券]¥9,000 / - (税込 / オールスタンディング / ドリンク代別)
※当日券は15:00〜¥5,000(ドリンク別)で販売いたします
LINE UP
Kyoto Jazz Massive Live Set / iki orchestra (Rei / 前田サラ / 中村達也 / 秋田ゴールドマン) / jizue / Schroeder-Headz / The Steve McQueens (from Singapore)
TICKET
一般発売:7/28(土)
チケットぴあ / e+
INFORMATION
ハローダイヤル 03-5777-8600 (8:00〜22:00)

0902.jpg


TOKYO JAZZ X OFFICIAL WEB

 

2017年、丸の内から渋谷に拠点を移した「東京JAZZ」。

今年も渋谷での開催が発表され、NHKホール公演では、ハービー・ハンコック、渡辺貞夫オーケストラという2組のジャズ・レジェンドをヘッドライナーとして迎える。

今回、新しい試みとして、「東京JAZZ 2018」の関連イベントとなり、NHKエンタープライズ・ぴあの2社が共同で主催する、初めてのスキームによるライブイベント「Tokyo Jazz X」がスタートする。

会場は、渋谷のライブハウス、WWWとWWW X。

伝統的なJAZZの殿堂とも言える、NHKホール公演とは対象的に、現在もなお、多彩に進化を続けている音楽文化=JAZZという解釈のもと、文化発信拠点・渋谷ならではの、クロスオーバーな音楽のショーケースとなる。
ジャズ、ロック、ヒップホップ、ソウル、R&B...、音楽ジャンルを軽々と飛び越えて、最先端のサウンドを鳴らすアーティストたちが渋谷に集結。

また、NHKエンタープライズとぴあでタッグを組み、「東京」の多彩な音楽シーンを、世界に向けて発信していくライブシリーズの第一弾。


KyotoJazzMassive.jpg

Kyoto Jazz Massive Live Set

沖野修也(Chorus+MC)、沖野好洋(Beats+SE)、Vanessa Freeman(Vocal)...and more

90 年代初頭に Gilles Peterson の命名により"Kyoto Jazz Massive(以下 KJM)"を結成した沖野 兄弟が、2004 年からスタートした KJM のバンド・スタイル。これまで、North Sea Jazz Festival(オランダ)、Balaton Sound Festival(ポーランド)、Rising Sun Rock Festival 等に 出演。今回、KJM 再始動の狼煙を上げるべく、全編新曲でステージを構成し、2002 年にリリース した 1st アルバム「Spirit Of The Sun」にも参加したロンドン在住のボーカリスト、Vanessa Freeman を招集する。沖野修也ソロ曲やメンバーが手掛けた楽曲を一切フィーチャーせずに KJM の楽曲だけで構成するライブは実に 13 年ぶりとなる。

ikiorchestra.jpg

iki orchestra (Rei/ 前田サラ / 中村達也 / 秋田ゴールドマン)

 

Rei

卓越したギタープレイとボーカルをもつ、シンガー・ソングライター/ギタリスト。幼少期をNYで過ごし、4歳よりクラシックギターを始め、5歳でブルーズに出会い、ジャンルを超えた独自の音楽を作り始める。2015年、1stミニアルバム「BLU」リリース。FUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER SONIC、RISING SUN ROCK FESTIVAL、SXSW Music Festival、JAVA JAZZ Festivalなどの国内外のフェスに多数出演。2018年、「FLY」リリース。

 

前田サラ
中学生の頃、サックスを手に入れて教会で演奏を始める。19歳の時、自身のリーダー・バンドを結成し、プロとして活動を始める。高円寺の歩道で練習中に、中村達也(ex. BLANKEY JET CITY)に声を掛けられ、the day(中村達也(Drums) /KenKen(Bass) /蔦谷好位置 (Key.) /仲井戸麗市(Guitar))にサポート・メンバーとして加入。2015年「From My Soul」でメジャーデビュー。ゴスペルをルーツに持ち、ファンク・ソウル感に溢れたプレイスタイルで活躍中。

 

中村達也
1990年に浅井健一、照井利幸とともにBLANKEY JET CITYでメジャーデビュー。2000年の同バンド解散後、MANNISH BOYS、The Golden Wet Fingers、SPEEDER-X、the day、FRICTION、LOSALIOSなど、多くのバンドを担う傍ら、画家の黒田征太郎、舞踏家の田中泯との創作を展開。俳優として、映画「BULLET BALLET/バレット・バレエ」「るろうに剣心 京都大火編」の他、NHK大河ドラマ「龍馬伝」に出演するなど、幅広く活躍中。

 

秋田ゴールドマン
SOIL&"PIMP"SESSIONS、J.A.Mのベーシスト。2001年、SOIL&"PIMP" SESSIONSを結成。Glastonbury Festival、Montreux Jazz Festival、North Sea Jazz festivalなど、数々のビッグフェスに出演、これまでに31カ国で公演を行うなど、ワールドワイドに活動を続けている。また、近年では中村達也(ex. BLANKEY JET CITY)を中心とした"日の出食堂"にも参加。 寡黙にして雄弁なベースプレイで、ジャンルを問わず各方面にて活躍中。

jizue.jpg

jizue

山田剛(Bass)、粉川心(Drums)、井上典政(Guitar)、片木希依(Piano) 2006年、井上典政、山田剛 、粉川心を中心に結成。翌年、片木希依が加入。ロックや、ハードコアに影響を受けた魂を揺さぶるような力強さ、ジャズの持つスウィング感、叙情的な旋律が絶妙なバランスで混ざり合ったサウンドで、地元京都を中心に人気を高め、FUJI ROCK FESTIVAL、GREENROOM FESTIVALといった大型フェスにも出演。海外にも進出し、圧倒的な演奏力で高い評価を得ている。2017年、「grassroots」でメジャーデビュー。 2018年7月、ニューアルバム「ROOM」リリース。

Schroeder-Headz.jpg

Schroeder-Headz

渡辺シュンスケ(Key.) 数多くの著名ミュージシャンのサポート・キーボーディストとして活躍する、渡辺シュンスケによるポストジャズ・プロジェクト。ピアノ、ベース、ドラムスによるアコースティックトリオのサウンドとプログラミングを融合させ、ピアノ・トリオの未来形とも言えるサウンドを紡ぎ出す。2010年にデビューアルバム「NEWDAYS」、2014年にメジャー移籍、2ndアルバム「Synesthesia」をリリース。2017年には映画「ハローグッバイ」の音楽(主題曲/劇中曲)を担当し、役者としても出演を果たす。2018年、2年ぶりとなるニューアルバム「HALSHURA」リリース。Tokyo Jazz in Singapore他、国内外のフェスにも多数出演。

steve.jpg

The Steve McQueens (from Singapore)

Eugenia Yip (Vocal)、Joshua Wan (Keyboard), Jase Sng (Bass)、Aaron James Lee (Drums)

2013 年、ジニー・ブループ、ジョシュア・ワン、ジェイス・スン、アーロン・ジェームス・リー により、シンガポールで結成されたカルテット。インコグニートのリーダーで、ギタリスト兼プロ デューサーのブルーイに見初められ、世界デビューを果たす。"ネオヴィンテージ・ソウルファン ク"と銘打った、独自の音楽性で世界に挑む。SUMMER SONIC を始め、アジア、ヨーロッパ、オ ーストラリアなど、世界中のフェスに出演。2018 年 8 月、最新作「TAPE」リリース。

WWW

〒1500042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル地下
RISE Bldg,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo
150-0041 JAPAN
03-5458-7685

WWW X

〒1500042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル2F
RISE Bldg 2F,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo
150-0041 JAPAN
03-5458-7688

ATTENTION

WWW / WWW Xでは22:00以降、
20歳未満の方のご入場はお断りしております。
22:00以降は年齢確認のため、顔写真付きの
公的身分証明書をご持参ください。
Over 20's only and Photo ID is required for admission to WWW / WWW X after 22:00.