01 /

26

Fri

  • WWW
  • WWW X
  • WWW β

シャムキャッツ / Silica Gel (韓国) / トクマルシューゴ / Parasol (韓国)

In&Out

シャムキャッツ / Silica Gel (韓国) / トクマルシューゴ / Parasol (韓国)
WWW X
OPEN/START
18:30 / 19:00
ADV./DOOR
¥2,900 / ¥3,500 (税込 / オールスタンディング / ドリンク代別)
U-25 ¥2,500 / - (税込 / オールスタンディング / ドリンク代別)
※<U25チケット>は、25歳以下の方を対象とした割引チケットとなります。ご購入の方は、入場時に顔写真入りの身分証明書をご提示ください。ご提示がない場合は、正規チケット料金の差額をお支払いただきますので、予めご了承ください。

LINE UP
シャムキャッツ / Silica Gel (Korea) / トクマルシューゴ / Parasol (Korea)
TICKET
一般発売:12/14 (木)
e+ / チケットぴあ [P:-] / ローソンチケット [L:-] / iFlyer / WWW店頭
INFORMATION
WWW X 03-5458-7688

トクマルシューゴ、シャムキャッツ、そして韓国よりSilica Gel、Parasolを迎え、近年独自の盛り上がりをみせるアジアインディロックシーンの交流地点「In&Out」スタート!


近年独自の盛り上がりをみせるアジアインディロックシーンの交流地点「In&Out」スタート!
無駄のないシンプルさと類い稀なポップセンスを内包した精緻なソングライティングで韓国インディシーンでもひときわ異彩を放ち、12月6日にはセカンド・アルバム『何でもない人』とEP『水曜日』をカップリングした日本盤をリリースした《Parasol》、サイケデリック、ポスト・ロック、ヒップホップ等、メンバーの雑多な音楽的嗜好のハイブリッドとも言えるカテゴライズ不能な音楽性を身上とし、2016年には韓国大衆音楽賞の「今年の新人賞」を受賞した《Silica Gel》、様々な楽器や非楽器を用いて作曲・演奏・録音をこなし、国内外で幅広い活躍をみせる《トクマルシューゴ》、今年6月にリリースした傑作『Friends Again』が各方面で高い評価を得る等、精力的に活動を続けるロックバンド《シャムキャッツ》がラインアップ!
またSilica Gelは兵役のため2018年から当分の間活動を休止することが発表され、1月26日の東京公演が活動休止前の最後のライブとなる。

main_Parasol.jpg

Parasol (Korea)

チ・ユネ(ヴォーカル/ベース)、キム・ナウン(ギター/ヴォーカル)、チョン・ウォンジン(ドラム)から成る3人組バンド。ユネはスルタン・オブ・ザ・ディスコ、ナウンはトランポリン/ジュリア・ハート、ウォンジンはヤルゲドゥルと、それぞれが別のバンドで活動していたが、6070年代の洋楽とサヌリムやシン・ジュンヒョンといった韓国のサイケデリック・ロックをこよなく愛するという共通項から、2013年にソウルで結成。20147月にデビューEP、続いて20157月にはファースト・アルバム『いつかその日が来たら』を発表。20178月には初来日を果たし、「カクバリズムの夏祭り2017」等のイベントに出演、ライブバンドとして高い評価を受ける。同年10月から11月にかけて日本での9公演も含む初のアジアツアーを行い、12月にはセカンド・アルバム『何でもない人』とEP『水曜日』をカップリングした日本のみのCD2枚組スペシャル・エディションをスペースシャワーミュージックからリリース。hyukoh(ヒョゴ)、チャン・ギハと顔たちといった同郷のアーティストにとどまらず、ホイットニー、クリス・コーエンといった米インディーの重要アーティストや、ミツメ、シャムキャッツ、DYGLThe Wisely Brothers等のバンドとも親交がある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

main_Silica Gel.jpg

Silica Gel (Korea)

ク・ギョンモ(ベース)、キム・ゴンジェ(ドラム)、キム・ミンス(ギター/ヴォーカル)、キム・ミニョン(VJ)、キム・ハンジュ(キーボード/ヴォーカル)、イ・デヒ(VJ)、チェ・ウンヒ(ギター)から成る7人組バンド。バンドの名前を考えている時に「人体には無害だが食べるな」というあのシリカゲル(除湿剤)がたまたま近くにあったという理由で、それがそのままバンド名になった。サイケデリック、ガレージ、ポスト・ロック、ドリーム・ポップ、ファンク、ヒップホップ等、メンバーの雑多な音楽的嗜好のハイブリッドとも言えるカテゴライズ不能な音楽性を身上とする。20158月、デビューEP『今更飲み干した無重力鹿の5つの視角』を発表し、実際に除湿剤のシリカゲルが詰まったユニークなパッケージ、新人らしからぬ完成度と過剰なまでのエネルギーを併せ持った強烈なライブパフォーマンスによって注目を集める。201610月には初のフル・アルバム『シリカゲル』をリリースし、韓国大衆音楽賞の「今年の新人賞」を受賞。20172月にはパラソルとのコラボレーション・シングル「スペース・エンジェル」、同年11月には最新EPSiO2.nH2O』をリリースするなど、精力的な活動を続けていたが、兵役のため2018年から当分の間活動を休止することが発表された。126日の東京公演が活動休止前の最後のライブとなる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
main_シャムキャッツ.jpg
シャムキャッツ

メンバー全員が高校3年生の時に地元浦安で結成。2009年春、アルバム『はしけ』でデビュー。同年、河川敷でのゲリラライブを収録した『BGM』、2012年に初期アンセム「渚」「なんだかやれそう」を収録した『たからじま』、2014年にバンドの評価を決定づけたギターロックの金字塔『AFTER HOURS』、そして2015年にバンド最大のヒット作となったミニアルバム『TAKE CARE』を発表したあと、それまで所属していたレーベルから独立。自主レーベルを立ち上げ、2枚のEP『マイガール』『君の町にも雨はふるのかい?』を経て、2017621日に33ヶ月ぶりとなるフルアルバム『Friends Again』をリリース。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

main_Shugo Tokumaru.jpg

トクマルシューゴ

様々な楽器や非楽器を用いて作曲・演奏・録音をこなす音楽家。2004NYのインディレーベルより1stアルバムをリリース、各国のメディアで絶賛を浴びる。以降、国内外ツアーやフェス出演、映画・舞台・CM音楽 制作など幅広い分野で活動。201610月には4年ぶりとなるアルバム『TOSS』をリリースし、楳図かずお原作によるミュージカル『わたしは真悟』の音楽を手がけた。2017年には、映画『PARKS パークス』の音楽監修を務めたことをはじめ、自身が主催する音楽フェス『TONOFON FESTIVAL』の2年ぶりとなる開催や、最新アルバムの海外リリースや公演を行うなど、活動のフィールドをますます広げている。



WWW

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル地下
RISE Bldg,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo 150-0041 JAPAN
03-5458-7685

WWW X

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル2F
RISE Bldg 2F,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo 150-0041 JAPAN
03-5458-7688

ATTENTION

WWW / WWW Xでは22:00以降、
20歳未満の方のご入場はお断りしております。
22:00以降は年齢確認のため、顔写真付きの
公的身分証明書をご持参ください。
Over 20's only and Photo ID is required for
admission to WWW / WWW X after 22:00.