11 /

10

Fri

  • WWW
  • WWW X
  • WWW β

Nachtbraker / Seb Wildblood / CYK crew (Nari / Kotsu / Naoki Takebayashi / DJ No Guarantee)

CYK 1st Anniversary Vol.1 feat. Nachtbraker & Seb Wildblood

Nachtbraker / Seb Wildblood / CYK crew (Nari / Kotsu / Naoki Takebayashi / DJ No Guarantee)
WWW
OPEN/START
24:00 *WWWβでの深夜開催となります。WWWβ?
ADV./DOOR
¥2,500 / ¥3,000 / U23 ¥2,000 ※Over 20’s Only. Photo ID Required.
*23歳以下は当日料金の1,000円オフ。受付にて年齢の確認出来る写真付きのIDをご提示下さい。
*1,000 yen off the door price for Under 23. Please show your photo ID at door to prove your age.
LINE UP
Nachtbraker [Quartet Series / Heist / Dirt Crew / from Amsterdam]
Seb Wildblood [Church / Costal Haze / All My Thoughts / from London]
CYK Crew (Nari / Kotsu / Naoki Takebayashi / DJ No Guarantee)
TICKET
RA *available in English
INFORMATION
03-5458-7685

東京地下を駆け上がる若きハウス・クルー〔CYK〕がNachtbrakerをゲストに1周年を迎え、WWWβに登場!ロンドンから〈Church〉主催のSeb Wildbloodが追加出年決定!!

 

東京を拠点に広義のハウス・ミュージックを再解釈するパーティーCYKが、この秋1周年を迎える。今をときめくAvalon Emerson&Courtesy、〈Money Sex Recods〉などのレーベルにてハウス・ミュージックにおけるビートサイエンスを研究するHodini、パリのモンスター・パーティー・クルーLa Mamie'sと彼らの同郷の仲間で京都とパリを拠点に活動するHugo LX。CYKはハウスを軸にカッティング・エッジな表現を行うアーティストたちを招聘してきており、都内でも有数の、若いクラバーによる刺激的なハウス・コミュニティとして定着してきた。クルーたちは主催するパーティー以外でも、The Black MadonnaやRoy Davis Jr.、Soichi Teradaといった、自身たちの文脈に沿ったアーティストたちのサポートや、大小問わず様々なギグでパーティーの経験値を積んでいる。

 

そんなCYKの1周年記念公演の第一弾のゲストには、初回のCYKのゲストとしてアムステルダムからやってきたビートダウン・ハウサーNachtbrakerが、一年振りにカムバック。広義のハウス・ミュージックの様々な側面ーー聴覚と全身を刺激し腰を揺らすファンキーさ、深夜の酩酊に拍車をかけるディープさ、全てを肯定する幸福ーーを、高いプロダクション・スキルと物語性に富んだDJプレイによって表現するNachtbrakerは、雑多なハウスを咀嚼し大騒ぎするCYKにピッタリなゲストだ。 記念すべき今回のパーティーは、一夜を通して行われる、NachtbrakerとCYKの二組会。2017年にオープンしたエレクトロニック・ミュージックの実験場WWWβから、東京のハウス・ミュージックにフレッシュな風を送り込むパーティーを、お見逃しなく。

 

※ゲストDJ Seb Wildblood緊急追加!

サウスロンドン出身、〈Church〉〈All My Thoughts〉といったアップカミングなレーベルを運営するDJ/プロデューサーのSeb Wildbloodが、今回のCYKに参加決定!

 

〈Church〉と言えば、Mall Grab、Chaos In The CBD、FYI Chris、Laurence Guy、Beesmunt Soundsystemといったディープ/アナログ・ハウスの新鋭たちをいち早くピックアップしてきた、ディープ・ハウスにおける現在進行形の登竜門的レーベルだ。そのボスであるSeb Wildbloodの音楽的洞察力、A&Rとしての手腕がレーベルのラインナップからも窺い知れるが、一人のアーティストとしての、プロデュース作品に表れる淡く切ないメランコリックさとディープ・ハウスの正統継承者といわんばかりのファンキーなリズム構築も、彼について特筆すべき点だろう。同時に、古き良きグルーヴを愛するハード・ディガーでもあるSeb WildbloodのDJプレイは、先日のBoiler Roomの〈Church〉テイクオーバー回でも、音楽都市として息を吹き返しつつあるロンドンの若いクラバーたちを見事な熱狂に陥れてみせた。彼がCYKとNachtbrakerの間に送り込む、現行サウスロンドンの若い旋風に注目必至だ。

 

Nachtbraker.jpg

Nachtbraker [Quartet Series / Heist / Dirt Crew / from Amsterdam]

 

NachtbrakerことMaurits Verwoerdは、アムステルダムのアンダーグラウンドで数年前に音楽プロデューサーとして活動を開始した。〈Apparel Music〉からのEPで早速頭角を現した彼は、その後アムステルダムの同胞Detroit Swindleによる〈Heist〉、ドイツの名門レーベル〈Dirt Crew Recordings〉などからも曲をリリース。スローでグルービーなジャム・トラックから、型破りなダブ・トラックにまで幅広い音への嗜好を投影し、ハウス・ミュージックの垣根を独自に再定義している。また、製作の傍ら、オーディエンスを決して眠らせることのない彼の心地よいパフォーマンスも、Nachtbrakerが今、ヨーロッパのディープハウスシーンにおいて最も熱い注目を浴びる存在である理由のひとつである。2016年には、自身のレーベル〈Quartet Series〉をローンチ。先鋭のモダン・ハウスアーティストによるスローなディスコからジャッキング・ハウスまでもをコンパイルしたそのEPは、リリースから数ヶ月の間にもかかわらず、世界中のハウス・ヘッズから好評を博している。2017年も〈Church〉などで脚光浴びるLaurence Guy、〈Shall Not Fade〉のLKなどの楽曲をコンパイルした〈Quartet Series〉のコンピ・シリーズの監修や、San Properと共作しSession Victimがリミキサーとして参加した『Misses madame mademoiselle EP』のリリース、度重なるEUツアーなど、話題に事欠かない活動を続けている。

 

23163803_1112311702233227_775901644_n.png

Seb Wildblood [Church / Costal Haze / All My Thoughts / from London]

 

サウス・ロンドンのレーベル〈Church〉を筆頭にCostal Haze、All My Thoughtsと複数のレーベルを主宰するDJ、プロデューサー。Sebは自身の主催するパーティーやレーベルChurchでの活動を通し、サウス・ロンドンクラブシーンでの重要な存在となり、Move D、Gilles Peterson、Mary Anne Hobbsなど様々なアーティストから支持を得る。また、Churchでの活動で確固たる地位を築きながらもプロデューサーとして、真摯に自身のサウンドを製作する。2015年春のデビューLP以来、Sebは、Boiler Room、FACT、iD、BBC、Mixmag、Resident Advisorなどのメディアで称賛を得た後、現在も様々なプロジェクトから幾つものリリースを控えている。Seb Wildbloodはレーベル主宰者としてだけでなく、プロデューサーとしてもシーンから注目を集めるアーティストの1人である。

 

https://soundcloud.com/sebwildblood

 

 

CYK Crew (Nari / Kotsu / Naoki Takebayashi / DJ No Guarantee)

  

WWW

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル地下
RISE Bldg,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo 150-0041 JAPAN
03-5458-7685

WWW X

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル2F
RISE Bldg 2F,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo 150-0041 JAPAN
03-5458-7688

ATTENTION

WWW / WWW Xでは22:00以降、
20歳未満の方のご入場はお断りしております。
22:00以降は年齢確認のため、顔写真付きの
公的身分証明書をご持参ください。
Over 20's only and Photo ID is required for
admission to WWW / WWW X after 22:00.