11 /

08

Fri

  • WWW
  • WWW X
  • WWW β

Akirahawks(House Mannequin / from Berlin) / Kotsu(CYK/UNTITLED) / mitokon / DJ HONEYPANTS / Himawari / blackglassG / DJ No Guarantee(CYK)

Strelitzia with Akirahawks

Akirahawks(House Mannequin / from Berlin) / Kotsu(CYK/UNTITLED) / mitokon / DJ HONEYPANTS  / Himawari / blackglassG / DJ No Guarantee(CYK)
WWW β
OPEN/START
24:00 / 24:00
※ 未成年者の入場不可・要顔写真付きID / You must be 20 or over with Photo ID to enter.
ADV./DOOR
¥1,500 / ¥2,000 / U23 ¥1,000
※23歳以下は当日料金の1,000円オフ。受付にて年齢の確認出来る写真付きのIDをご提示下さい。
1000 yen off the door price for Under 23. Please show your photo ID at door to prove your age.
LINE UP
β:Akirahawks(House Mannequin / from Berlin) / Kotsu(CYK/UNTITLED) / mitokon / DJ HONEYPANTS
Lounge:Himawari / blackglassG / DJ No Guarantee(CYK)
TICKET
RA
INFORMATION
WWW 03-5458-7685

ベルリン・ローカルの退廃した朝に欠かせないDJ、Akirahawksが再来日、アシッド、アフロ、イタロ、ディープ、ハウス・ミュージックの歓喜を通り越してデカダンスを繰り広げるオルタナ・ハウスな『Strelitzia』第二弾!

 

様々なダンスミュージックに根付いたハウス遺伝子を栽培して抽出する、WWWβのハウス・パーティー『Strelitzia』第二弾。
今回登場するのは、相棒Shingo Suwaとのレーベル〈House Mannequin〉からユーモア溢れるハウスをリリースし、ベルリン地下を騒がせたシーンのカリスマMr. Ties主宰の名物ナイトHomopatikや、オルタナティブ・ディスコ/ハウスなローカルパーティー『Buttons』のレギュラーを務めるAkirahawksだ。ゲストとなる彼がタイムテーブルの最後にプレイし、今回の『Strelitzia』の終焉を彩る。加えて、ハウス・ミュージックコレクティブ『CYK』から飛び出し東京シーンをオーバー/アンダーグラウンド問わず越境し続けるKotsu、多用極める南アフリカのダンスミュージックを統合し熱く再解釈するアフロ伝道師mitokon、イタロ的感性でロマンティックかつドラマティック、アウターナショナルに選曲するDJ Honeypantsらがβフロアに登場。アシッド、アフロ、イタロ、ディープ、多様化極まるハウス遺伝子のオルタナティブが集合し退廃へと向かう、デカダンスなクラブ・ナイト!

 

1 Akirahawks-thumb-640xauto-11764.jpg

Akirahawks
エレクトロニック・ミュージックのメッカであるヨーロッパへと定住、ベルリンを拠点とし、著名なTresorやBerghain/Lab.oratoryといったインターナショナルなクラブ、そしてRon Hardyの再来とも称されベルリン地下を騒がせたシーンのカリスマMr. Ties主催の名物ナイトHomopatikやButtonsといったローカル御用達のパーティーなど、様々なオーディエンスを巻き込みながら、スペーシーでファンキーなディスコ/ハウスのデカダンスを繰り広げる。またリエディットとしてもユニークな、相棒Shingo Suwaとのレーベル〈House Mannequin〉では、自身のDJプレイにも反映されるロウでオルタナティブなディスコ/ハウスをリリース、その中にはTakimi Mannequinとして瀧見憲司も参加。プロデューサーとしてはShingo SuwaとのプロジェクトLove Comedyでのリリースを始め、Mr.Tiesとのコラボレーションで〈Homopatik〉からもリリースを果たしている。最近ではパリの〈Les Yeux Orange〉からSpencer Parkerのリミックスをリリース。ロンドン、パリ、ロッテルダム、東京など、国際的な活動を見せるも、ホームのベルリンでは普段はラインナップに載らないローカル・パーティーに出没する隠れた名DJとして知られている。 
https://www.facebook.com/AkirahawksOfficialPage

 

20190322_Mitokon.jpg

mitokon
2008年に初めて南部アフリカの地を踏みしめて以来どっぷりとアフリカにのめり込み、南アフリカを中心にほぼ毎年アフリカへ通うようになる。その間にアフリカの若者たちが作る洗練された音楽に出会い、その面白さに感動。アフリカで次々と生まれる新しい音楽やカルチャー、希望を日々追いかけ、SNSや音楽誌への寄稿等で発信し続けている。2017年にDJ活動を開始。GqomやKwaito、ハウスなどの南アフリカのダンス・ミュージックを中心にプレイし、アフリカの強烈なグルーヴに人々を巻き込み踊らせている。日本初のGqomパーティークルー「TYO GQOM」のメンバーとしても活動中。
https://twitter.com/mitokon?lang=ja

 

Kotsu.jpg


Kotsu (UNTITLED|CYK)
1995年千葉県市川市生まれ。
ハウス・ミュージックの同世代コレクティブ『CYK』のメンバーとしてWWW X、CIRCUS TOKYO、bonobo等のヴェニューでオーガナイズ。
数々の海外DJと共演した。クルーとして大阪や京都、札幌、石川、熊本などの国内や、タイ、香港、韓国でもギグを敢行した。
また個人的にもDJ BAR KOARAにて『UNTITLED』を不定期で開催し、2019年3月にはブルックリンのbossa nova civic clubに加え、NY拠点のインターネットラジオThe Lot Radioでギグを敢行。
ディスコやハウスのグルーヴに酔いしれる一方、広義なテクノに在るストイックなマシーンサウンドとの対話を繰り返す日々。ハードの逆位相としてのディープ、実験性、越境、シンセ・ニューウェイブサウンドへの愛etc...
その時々の感覚に忠実になりつつ、フロアの人々が抱えるあらゆるものを知覚し、増幅させる。もはやそこにジャンルなどは存在しない。
また、多様化しつつあるあらゆるカルチャーをフラットに再定義しつつDJだけでなく、グラフィックデザイン、ZINE製作などあらゆるフォーマットでアウトプットを行なっている。
https://www.instagram.com/kotsu0830/?hl=ja

https://soundcloud.com/kosuke-takemura

 

Honeypants.jpg

DJ HONEYPANTS
ロマンティック、ゴージャス、ドラマティック、アウターナショナルに選曲。
Romantic, Gorgeous, Dramatic, plus a hint of Outernational
https://soundcloud.com/djhoneypants

 

WWW

〒1500042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル地下
RISE Bldg,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo
150-0041 JAPAN
03-5458-7685

WWW X

〒1500042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル2F
RISE Bldg 2F,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo
150-0041 JAPAN
03-5458-7688

ATTENTION

WWW / WWW Xでは22:00以降、
20歳未満の方のご入場はお断りしております。
22:00以降は年齢確認のため、顔写真付きの
公的身分証明書をご持参ください。
Over 20's only and Photo ID is required for admission to WWW / WWW X after 22:00.