08 /

23

Wed

  • WWW
  • WWW X

Inga "Lolina" Copeland / PHEW / Forests 森林 / Mari Sakurai / CEMETERY / Suburban Musïk / Ultrafog / Kan Igo

β’n’W

Inga
WWW
OPEN/START
18:30
ADV./DOOR
¥3,000 / ¥3,500 / *U25 ¥2,500 (税込 / ドリンク代別 / オールスタンディング)
*U25チケットは、25歳以下の方を対象とした割引チケットとなります。ご購入の方は、入場時に顔写真入りの身分証明書をご提示ください。ご提示がない場合は、正規チケット料金の差額をお支払頂きますので、予めご了承ください。
*Under 25 ticket holders are required to show the photo ID at door to prove your age.
LINE UP

WWW:

 

Inga “Lolina” Copeland [from London]

PHEW

Forests 森林 [from Taipei]

DJ: Mari Sakurai [IN HA]

  

WWWβ:

 

CONDOMINIMUM presents Solaris#1

 

CEMETERY

Suburban Musïk

Ultrafog [IN HA]

DJ: Kan Igo

 

Flyer’s photo by Yusuke Yamatani

TICKET
一般発売日:8/5(土) / SAT 5th Aug on sale
e+ (一般) / e+ (U25) / PIA [P : 341-813] / LAWSON [L : 71849] / RA
INFORMATION
WWW 03-5458-7685

不気味に染まる真夏の幽美。最もミステリアスな孤高の才女Inga Copelandが新名義Lolinaでロンドンより再来日、加えて70年代より日本アンダーグランド/パンクの先鋭PHEW、台北からOGRE YOU ASSHOLEとの共演、Boiler Roomに出演も果たした新鋭の実験バンドForests 森林が参加し、電子/テクノ化する東京の若手コレクティブ〈IN HA〉も交え、レーベルを立ち上げた同じく東京拠点のコレクティブ〈CONDOMINIMUM〉プリゼンツのショーケース〔Solaris#1〕もWWWβにて併開した、2017年のハイブリッドな"納"ウェイヴ会がWWWβ & WWW=B'n'Wにて開催。

 

Inga Lolina Copeland.jpg

 

Inga "Lolina" Copeland [from London]

 

ロシア生まれ、エストトニア育ちのロンドン拠点のシンガー / プロデューサー、アリーナ・アストロバのソロ・プロジェクト。ロンドンとベルリンを拠点としていたDean Bluntとのデュオ・ユニットHype Williams (後にDean Blunt & Inga Copelandに改名) で活動を始め、煙にまみれたナンセンスなアートワークとメディアを刺激するアイロニックなセンスとアティテュード、R&Bやシンセ・ポップがスクリューされたオブスキュアな異形のダブはインディ・シーンを中心にたちまち話題となり、USインディから生まれたテン年代電子音楽の先鋭レーベルとなった今は亡き〈Hippos In Tanks〉やダブステップのパイオニアであり、あらゆるダブを内包するUKの名門レーベル〈Hyperdub〉からアルバムを発表。平行してソロでもリリースを始め、Hype Williams解散後もオランダの〈Rush Hour〉が流通する無記名レーベル"No Label"から12″、2014年に自主リリースで鬼才Actress参加のファースト・アルバム『Because I'm Worth It』(私にはその価値があるから)を発表、UKサウンドシステム・カルチャーに由来するダブ、ダンスホール、ダブステップといったベース・ミュージックと音響的なエレクロニック・ミュージックが合わさった新境地を披露。またこれまでにThe Bug、Kode 9、Faze Miyakeにボーカルでフューチャーされ、Martyn、 DVA、John T. Gastとのコラボレーションも行っている。2016年より'Lolina'へ名義を変え、EP『Relaxin' With Lolina』、パリで収録したライブ盤『Live In Paris』を自主で、DVAとのミックステープを〈BUS〉からリリース。SNSは皆無でメディアへの露出も少なく、アンダーグランド/インディーズ・シーンにおいて最もミステリアスでインディペンデントな存在を誇る、唯一無二の女流電子作家。

 

https://www.discogs.com/artist/4304488-Lolina-2

  

 

PHEW.jpg

 

PHEW

 

1979年にパンク・バンドAunt Sallyで活動をスタート。バンド解散後はソロとして、国内外の数々のミュージシャンとコラボレーションを行なう。現在は、2013年からはじめた電子音楽のソロユニットとパンク・バンドMOSTを中心に活動している。2015年12月にfelicityよりソロ・アルバム『ニューワールド』をリリース。2017年3月にはアメリカの〈MESH-KEY〉レーベルからアナログ盤『Light
Sleep』がリリースされた。

 

 

FORESTS.jpg

 

FORESTS 森林

 

わずか1枚のアルバムを発表し解散した伝説のバンド「BOYZ&GIRL」。唯一の女性ボーカルはskipskipbenbenとなり、他の3人のメンバーはJONを中心としてFORESTSを結成する。音楽的実験を繰り返し、ガレージ、ポストパンク、NO WAVEなどを吸収し、次々に変化していくその音楽性はクラウトロック的でもあり、現在の台湾で最も実験的で先鋭的なバンドであると言えるだろう。

 

https://soundcloud.com/forestsing

 

 

Mari Sakurai.jpg

 

Mari Sakurai [IN HA]

  

エレクトロニック・ミュージック・コレクティヴ 〈IN HA〉のメンバーとして不定期にイベントを開催。過去にはロシアのファッション・デザイナー Gosha Rubchinskiの盟友として知られるプロデューサーbuttechnoやUKの新鋭Basic Rhythm名義でも知られる奇才Imaginary Forcesを招聘。これまでにDOMMUNEやBOILER ROOM TOKYO、DJ NOBU主催のGONG、PAN、Bruce、KEMAΛ、Coniの来日公演、野外パーティー ruralなどにDJ出演。テクノのフィールドを軸にクラブからオルタナティブな小箱まで幅広く活動している。

 

https://soundcloud.com/marisakurai

 

 

CONDOMINIMUM.jpg

 

CONDOMINIMUM

 

東京を中心に活動をしているコレクティヴ〈CONDOMINIMUM〉。昨年はモスクワの女性アーティスト、Kedr Livanskiyのジャパン・ツアーを主催したことでも話題となる。〈CNDMM〉という名義でレーベル活動も行い、今年の7月にはCVN、CEMETERY、Suburban Musïkの3アーティストの7インチシングルを発表。

  

https://soundcloud.com/condominimum-1

  

 

Cemetery.JPG

 

Cemetery [CONDOMINIMUM]

 

〈CONDOMINIMUM〉主催のKota Watanabeによるソロプロジェクト。2016年6月に1st EP『DENIAL』をリリースしてたちまちその名を広めると、『Tiny Mix Tapes』や『FACT Magazine』からも評価を受ける。2017年5月に最新作『Vessels』を米・インディアナの<Sacred Phrases〉からリリース。7月に〈CNDMM〉から7インチシングル『Vept 3』をリリース。

 

https://soundcloud.com/emetery

   

Suburban Musïk.jpg

 

Suburban Musïk

  

2015年活動開始男2人組。カセット、ジン、マーチャンダイスなどを制作。これまでにHelm (ALTER)やKedr Livanskiy (2MR)等と共演する。2017年7月〈CNDMM〉より7インチシングル『The Gold Ink』をリリース。

  

https://soundcloud.com/youth-culture-club

  

Ultrafog.JPG 

Ultrafog [IN HA]

 

1992年生まれ。エレクトロニックミュージックコレクティブ〈IN HA〉主催。2016年に東京のSolitude Solutionsから1stカセット『Faces, Forgotten』をリリース。さらに今年6月にバルセロナの〈angoisse〉からカンザズのm doとのスプリットカセットをリリース。

 

https://soundcloud.com/ultrafog

 

Kan Igo

 

1992年生まれ。東京都出身の画家・アーティスト。雑誌『Border』やCONDOMINIMUMのデザイン等を手がける。

 

WWW

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル地下
RISE Bldg,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo 150-0041 JAPAN
03-5458-7685

WWW X

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル2F
RISE Bldg 2F,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo 150-0041 JAPAN
03-5458-7688

ATTENTION

WWW / WWW Xでは22:00以降、
20歳未満の方のご入場はお断りしております。
22:00以降は年齢確認のため、顔写真付きの
公的身分証明書をご持参ください。
Over 20's only and Photo ID is required for
admission to WWW / WWW X after 22:00.