12 /

27

Fri

  • WWW
  • WWW X
  • WWW β

黒田卓也 & aTak band / 石若駿 & フレンズ / 田我流 / ものんくる / 髙城晶平(cero) / and more

aTak 2019

黒田卓也 & aTak band / 石若駿 & フレンズ / 田我流 / ものんくる / 髙城晶平(cero) / and more
OPEN/START
20:00 / 21:00 (Midnight Event)
※本公演は深夜公演の為、20歳未満入場不可・入場時に顔写真付IDが必要となります。
ADV./DOOR
¥3,300 / ¥3,800 (税込 / ドリンク代別 / オールスタンディング)
LINE UP
LIVE:黒田卓也 & aTak band / 石若駿 & フレンズ / 田我流 / ものんくる
DJ:髙城晶平(cero) / and more

TICKET
チケット発売日:10/26(土)10:00〜
e+ / ローソンチケット [L:75275] / ぴあ [P:168-690] / WWW店頭
INFORMATION
WWW X 03-5458-7688

N.Y.を拠点に、これまでJose James、DJ Premier、ANTIBALAS、cero、MISIA、JUJU等、ジャンルを超え様々なアーティストと共演、共作を重ね世界を唸らせて来た、気鋭のトランペッター黒田卓也が昨年末にホストとなり"cero"や"ものんくる"を迎え初開催したオールナイトの音楽大忘年会「aTak」(エータック) 、大盛況で終えた昨年に続き今年も開催決定!
共演には石若駿による初お披露目の編成、更に後日発表となる豪華出演者にも乞うご期待!

181227_taku.jpg

黒田卓也
1980年、兵庫県生まれ。
12歳からトランペットを始め、中・高・大学を通してビッグ・バンドに所属。16歳から神戸や大阪のジャズ・クラブでの演奏活動をスタート。2003 年に渡米し、ニューヨークのニュースクール大学ジャズ課に進学。在学中からニューヨークの有名クラブに出演。 卒業後もニューヨーク・ブルックリンを拠点に国内外で、ジャズのみならずさまざまなジャンルで活動。JUJU、ホセ・ジェイムズなどのアルバムにアレンジャーやプレイヤーとして参加。2010年に初のリーダー作『Bitter & High』を発表。2011年にリリースした2ndアルバム『Edge』が全米ラジオチャートの3位にランクインし大絶賛される。 2013年6月には3rdアルバム『Six Aces』を発売。2014年、USブルーノート・レーベルよりホセ・ジェイムズのプロデュースでアルバム『ライジング・サン』でメジャー・デビューを果たす。
自身のソロ活動に加えて、ホセ・ジェイムズやDJプレミアのバンドやアコヤ・アフロビート・アンサンブルでも活躍。日本では、大和証券グループのTVCM「PLAYNG FOR CHANGE」への出演や、NY在住の日本人ジャズ・ミュージシャンによって結成されたスペシャル・バンド「J Squad」のメンバーとしてテレビ朝日「報道ステーション」の新テーマ曲を手掛けたことでも話題を集めている。

Dengaryu_photo_By_Yukitaka_Amemiya-813x1024main.jpg

田我流

山梨県笛吹市一宮町出身。趣味は釣り。尊敬する人は松方弘樹。高校1年でHiphopに出会い、リリックを書き始める。2004年に地元の幼馴染とラップグループ=stillichimiyaを結成し、2008年にファースト・ソロ「作品集~JUST~」を発表、2012年4月に発表したセカンド・アルバム「B級映画のように2」でその評価を確固たるものにする。2015~16年はバンド・プロジェクト「田我流とカイザーソゼ」として数々のライブをこなす。その頃から更なる音楽性の向上の為、Falcon a.k.a. Never Ending One LoopとしてBeat Makeも始める。野蛮さと繊細さを兼ね備え、アッパーな楽曲からコンシャス、叙情的な楽曲まで幅広く乗りこなす作詞力と音楽性、ガツガツと畳み掛けるエモーショナルなライブパフォーマンスには定評がある。4月24日には自身の原点回帰を計るべく新しいプロデューサー陣と制作した待望のサード・アルバム「Ride On Time」を発表。

191221_mononkul photomain.jpg

ものんくる
ジャズを基軸にした独自のサウンドに詩情豊かな日本語詞をミックスした、吉田沙良(ボーカル)と角田隆太(作詞/作編曲、ベース)からなる2人組ユニット。
2017年に発売された『世界はここにしかないって上手に言って』がAmazon、iTunes、AppleMusicなど各配信チャートジャズ部門1位を獲得。
2018年発売のセルフプロデュースアルバム『RELOADING CITY』ではラジオを中心に洗練されたポップセンスが大きな注目を集め、恵比寿リキッドルームでのレコ発ツアーファイナルを成功させ、同年BLUE NOTE TOKYOでの単独公演をソールドアウトさせる。
2019年クラフトビール「水曜日のネコ」のイメージソング『スーパールーパー』を配信限定リリース。8月には初の自主企画イベント「モン・ジャポニスモvol.1」を渋谷WWWで開催しソールドアウト。
ジャンルを問わずボーダレスに駆け巡る活動スタイルが注目を浴びている。

Shohei Takagi Parallela Botanica_A写main.jpg

髙城晶平(cero)
ceroのボーカル/ギター/フルート担当。2019年よりソロプロジェクト "Shohei
Takagi Parallela Botanica"を始動。その他ソロ活動ではDJ、文筆など多岐に渡
って活動している。

NEWS LIST

WWW

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル地下
RISE Bldg,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo
150-0041 JAPAN
03-5458-7685

WWW X

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル2F
RISE Bldg 2F,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo
150-0041 JAPAN
03-5458-7688

ATTENTION

WWW / WWW Xでは22:00以降、
20歳未満の方のご入場はお断りしております。
22:00以降は年齢確認のため、顔写真付きの
公的身分証明書をご持参ください。
Over 20's only and Photo ID is required for
admission to WWW / WWW X after 22:00.

Google MAP