02 /

09

Fri

  • WWW
  • WWW X
  • WWW β

tofubeats / Meishi Smile / similarobjects / KIMOKAL / Morton Subotnick+Alec Empire+Lillevan / Jacques / Young Juvenile Youth / Ryan Hemsworth / Meuko! Meuko! / PARKGOLF / Jean-Baptiste Cognet and Guillaume Marmin / X0809

MeCA l Media Culture in Asia: A Transnational Platform – Music Program

tofubeats / Meishi Smile / similarobjects / KIMOKAL / Morton Subotnick+Alec Empire+Lillevan / Jacques / Young Juvenile Youth / Ryan Hemsworth / Meuko! Meuko! / PARKGOLF / Jean-Baptiste Cognet and Guillaume Marmin / X0809
OPEN/START
20:00 / 21:00
本公演では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。 年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しております。写真付き身分証明証をお持ち下さい。
ADV./DOOR
¥3,500 / ¥4,500 (税込 / オールスタンディング / ドリンク代別)
アーリーバードチケット ※限定100枚
¥3,000 / - (税込 / オールスタンディング / ドリンク代別)
※MeCA入場パスをお持ちの方は当日受付にて1ドリンク無料進呈
LINE UP
tofubeats(JAPAN) / Meishi Smile (USA) / similarobjects (BuwanBuwan Collective|Phillipines) / KIMOKAL (Indonesia) / Morton Subotnick (USA)+Alec Empire (Atari Teenage Riot|GER)+Lillevan (GER) / Jacques (FRA) / Young Juvenile Youth(JAPAN) / Ryan Hemsworth (CANADA) / Meuko! Meuko! (TAIWAN) / PARKGOLF (JAPAN) / Jean-Baptiste Cognet and Guillaume Marmin (FRA) / X0809 (THAILAND)
TICKET
一般発売: 12/15(金)
チケットぴあ[P:103-802]/ ローソンチケット[L:73954] / e+ / Peatix
INFORMATION
MeCAオフィシャルHP http://meca.tokyo/

MeCA事務局:03-5428-5400

アジアからメディアカルチャーを総合的に発信する国内初のプラットフォーム
MeCA l Media Culture in Asia: A Transnational Platform


情報化社会の進展に伴い、個人のあり方や他者との関係性、アイデアや技術の共有方法が変質する現在、デジタルテクノロジーによる創造性はどのような未来を描けるのでしょうか。国際交流基金アジアセンター、一般社団法人TodaysArt JAPAN/AACTOKYOは、インターネット以降の新たな芸術文化の創造・発信を目指し、アジアのメディアカルチャーを紹介する総合イベント「MeCA l Media Culture in Asia: A Transnational Platform」(通称ミーカ)を2018年2月9日から18日の10日間、開催します。

MeCAでは、いままさに急速な発展を続けるアジアのクリエイティブシーンに注目し、展覧会、音楽プログラムをはじめ、ワークショップやトーク、国際シンポジウムなどを通じ、アジアにおける次世代間の交流・協働を促進していきます。デジタルテクノロジーの創造性をアート、音楽、教育などから見つめる日本初の総合イベントとして、常に新しい文化を発信してきた原宿・表参道・渋谷エリアで展開し、グローバルシーンに深く根ざしたプラットフォームを創出します。

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が近づくにつれ、世界からの注目がよりいっそう高まる東京において、国際的なネットワークはもちろん、アーティストや研究者といった職種や分野間の垣根も越えた交流・参加を促す機会となります。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2018年2月9日より18日まで、原宿〜表参道〜渋谷エリアの複数会場で開催される、新たな芸術文化の創造・発信を目指し、アジアのメディアカルチャーを紹介する総合イベント「MeCA l Media Culture in Asia: A Transnational Platform」(通称ミーカ) のオープニングプログラムとして、インターネット以降の音楽文化の動向を探るプログラムと、デジタルテクノロジーによる音響と映像表現を紹介する二つの音楽プログラムを同時開催。2会場を回遊できるオールナイトイべントとして開催します。

《 BORDERING PRACTICE at WWW X 》
インターネット時代の音楽文化にネットワークを結ぶ。


tofubeats、KIMOKAL、Meishi Smile、Ryan Hemsworth、Meuko! Meuko!、PARKGOLF、similarobjects

meca_X.jpg
2010年以降、インターネットの普及に伴い音楽シーンは急速に変化しています。音楽の制作環境の刷新、YouTube、SoundCloudなどの音楽ストリーミング環境の整備、そしてTwitter、Facebook、InstagramなどのSNSを利用したボトムアップなシーン形成......。そこには、インターネットと世界各地の都市を覆って広がる新たな音楽シーンと、国や地域を超えた文化の相互影響が生まれています。
しかし、2018年となる現在、その多様化に反して、画一化が進んでいることも事実です。グローバルなフェスティバルのメンバーは固定され、SoundCloudには同じようなサウンドの楽曲がアップロードされ続けています。また、インターネットは資本の流入と整備によってユートピアな空間ではなくなりつつあります。トップダウンとボトムアップの力がせめぎ合い、メインストリームとオルタナティブはミキサーのように複雑に混ざり合い、流動的に変化しているのです。このような状況は欧米圏と同じように日本を含むアジア圏においても急速に現われてきています。
Maltine Recordsを主宰するtomadをディレクターとして迎えた本プログラムでは、そんな私たちが直面している状況を踏まえて、もう一度身の回りのコミュニティから行動をはじめ、新たな一歩を踏み出す為の線を意図的に引こうとする試みです。タイ・インドネシア・フィリピンでの調査や現地のレーベルとの共同イベントを開催するなど、アジア圏にあるローカルなコミュニティへの視座を広げてきたtomad氏。本イベントでは、その線を東京でつなぎあわせ、多様な音楽シーンを紹介すること、さらには、レーベルやアーティストがお互いの差異や共通点を認識し、次なる交流のきっかけを生み出すことを目指します。




《 Alternative SOUND + VISION at WWW 》
時代を超越し、映像と音響が交差する瞬間を。


Morton Subotnick、Lillevan、Alec Empire、Jacques、Young Juvenile Youth、Jean-Baptiste Cognet and Guillaume Marmin、X0809
meca_w.jpg

映像と音響が交差する瞬間を、時代を超越するラインナップでプレゼンテーションする一夜。
まずは、創成期から現在に至るまで、電子音楽界に多大な影響を与え続けるモートン・スボトニクによる不朽の名作「Silver Apples of the Moon」。本年で初回リリースから50周年を迎えるこの名作を、モートン自身が、Atari Teenage Riot=アレック・エンパイアと映像作家・リレヴァンと共に、スペシャルバージョンで披露します。
また、そんなレジェンド達から大きな影響を受けながら、独自の表現方法と感覚で、現在を切り拓く次世代のアーティスト達も堂々のラインナップ。世代と文化を超えて展開される、オーディオ・ビジュアル・パフォーマンスをご堪能ください。

■「Silver Apples of the Moon」アルバム・リリース50周年バージョン
モートン・スボトニク、リレヴァンそしてアレック・エンパイアによって演奏される今回の演目は、エレクトリック・ミュージック史に不朽の名作として謳われる音楽アルバム「Silver Apples of the Moon」の初回リリースから50周年を記念して、新たな息吹、エレメンツを込められたアップデート・バージョンです。スボトニクがこれまでに発表してきた名音源の数々、「Sidewinder」(1971年)、「Until Spring」(1976年発表)、「A Sky of Cloudless Sulphur」(1980年)、「Crowds and Power」(近年Lincoln Center Festivalにて演奏された未発表音源)からの様々な音楽エレメンツを用いて、「Silver Apples of the Moon」を再構築します。今回のパフォーマンスは、近年のステージ・パートナーである映像担当のリレヴァンとのデュエットに始まり、途中、アレック・エンパイアによるパートへと移行し、そして3者による共演パートへと続きます。

main_morton_lillevan_alec.jpgMorton Subotnik



main_jacques pngJacques



main_tofubeats.jpg tofubeats



main_MeishiSmile.jpgMeishi Smile



main_similarobjects 2017 1.jpgsimilarobjects

main_KimoKal hi res.jpgKIMOKAL

NEWS LIST

WWW

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル地下
RISE Bldg,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo
150-0041 JAPAN
03-5458-7685

WWW X

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル2F
RISE Bldg 2F,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo
150-0041 JAPAN
03-5458-7688

ATTENTION

WWW / WWW Xでは22:00以降、
20歳未満の方のご入場はお断りしております。
22:00以降は年齢確認のため、顔写真付きの
公的身分証明書をご持参ください。
Over 20's only and Photo ID is required for
admission to WWW / WWW X after 22:00.

Google MAP