DECEMBER

31

THU

CLUB EVENT

Yogee New Waves / never young beach / D.A.N. / (((さらうんど))) / EMCと思い出野郎 <ラウンジ「ゆく年くる年ソウルラウンジ」>ゲストDJ:クボタタケシ、やけのはら / LIVE:Y.I.M / DJ:マイケルJフォクスと浪漫猫洲恋、サモハンキンポー(思い出野郎Aチーム)、eyEScream WWW×BAYON COUNTDOWN 2016

151231_main_flyer_WWWcountdown.jpg

OPEN/START
20:30 / 21:30
ADV./DOOR
¥3,000 / ¥3,500(税込/ドリンク代別/オールスタンディング)
LINE UP
-ラウンジ「ゆく年くる年ソウルラウンジ」-
LIVE:Y.I.M
DJ:マイケルJフォクスと浪漫猫洲恋 / サモハンキンポー(思い出野郎Aチーム)/ eyEScream
 
TICKET
一般発売:11/21(土)10:00〜
チケットぴあ[P:282-615] / e+ /  ローソンチケット[L:77591]/ WWW  SOLD OUT!! 
※当日券は19:30〜WWW受付にて販売いたします。 SOLD OUT!! 
※20歳未満の方の入場不可。年齢確認のため、顔写真付きの公的身分証明書をご持参ください。

店頭販売あり
INFO
WWW 03-5458-7685
151231_TIMETABLE_countdown.jpg
 
151231_ph_yogeenewwaves.jpg
Yogee New Waves
東京を中心に活動する音楽集団。
都会におけるPOPの進化をテーマに活動中。
はっぴいえんど、松任谷由実、山下達郎、サニーデイサービス。
これらの偉大なるポップミュージックの恩恵を受けた僕らの世代にしかできない僕らのポップミュージック。
 
151231_ph_jpg
never young beach
ネバーヤングビーチ。2014年春に、安部と松島の宅録ユニットとして活動開始。暑さで伸びきったカセットテープから再生されたような奇特なインディ・サイケ・ポップ『HOUSE MUSICS』をダンボール仕様のジャケットで100枚限定で発売。ライブもせずに口コミで瞬く間に話題となり、ココナッツディスクなど一部店頭のみで販売し即完売。2014年9月に阿南、巽、鈴木が加入し、現体制の5人組になる。9月に初ライブにして自主企画《Fight Club》を開催し、Yogee New Wavesが出演。更に飛び入りで踊ってばかりの国から下津光史が参加。ユニット時代とは違う楽曲は土着的な日本の歌のDNAをしっかりと残しながら、どこか海外の海と山が見えるような匂いを感じさせる。そしたら誰かが言った…「西海岸のはっぴいえんど」と。2015 年7月のFUJI ROCK FESTIVAL'15に出演。
 
151231_ph_DAN.jpg
D.A.N. 
2014年8月に、桜木大悟(Gt,Vo,Syn)、市川仁也(Ba)、川上輝(Dr)の3人で活動開始。
様々なアーティストの音楽に対する姿勢や洗練されたサウンドを吸収しようと邁進し、
いつの時代でも聴ける、ジャパニーズ・ミニマル・メロウをクラブサウンドで追求したニュージェネレーション。
2014年9月に自主制作の音源である、CDと手製のZINEを組み合わせた『D.A.N. ZINE』を100枚限定で発売し既に完売。
6月11日に開催の渋谷WWW企画『NEWWW』でVJ映像も取り入れたアート性の高いパフォーマンスで称賛を浴びる。
そして、トクマルシューゴ、蓮沼執太、森は生きているなどのエンジニアを務める葛西敏彦を迎え制作された、
デビューe.p『EP』を7月8日にリリース。7月にはFUJI ROCK FESTIVAL '15《Rookie A Go Go》に出演。
 
151231_ph_sssurrounddd2015.jpg
 (((さらうんど))) 
イルリメこと鴨田潤(Vo,Gt)、Traks BoysのXTAL(Track Maker)、Kenya Koarata(PC,Drum Machine)の3人により結成されたポップスバンド。2010年夏にシングル、『サマータイマー』をフリーダウンロード配信し注目を集め、2012年に1stアルバム『(((さらうんど)))』を発表。シーン、ジャンルを越えて多くの好評を得る。2013年4月にはアナログ12インチシングル『空中分解するアイラビュー』(B面は砂原良徳氏によるRemix)、そして7月に2ndアルバム『New Age』を立て続けにリリース。代官山UNITにて行われた『New Age』のリリースパーティー”ぱれいど”は、(((さらうんど)))初のワンマンLIVEとしてチケットもSOLD OUTに。2014年11月には自主企画『(((House Party)))』もSTART。今年2月に電気グルーヴのシングルにRemixを提供するなどを経て、3月18日に待望の3rdアルバム『See you, Blue』をリリース。
 
151231_ph_EMC.jpg
EMC思い出野郎
2016年もエンジョイミュージックでお願いします!
 
-ラウンジ「ゆく年くる年ソウルラウンジ」-
ラウンジは「ゆく年くる年ソウルラウンジ」BAYONと交流の深いDJマイケルJフォクスが好きなDJやLIVEアクトをチョイス。
ゲストDJには2016・年越しにかけ既に6本以上のDJが決定と大忙しの"クボタタケシ"の大晦日一発目DJと、思い出野郎主催「ソウルピクニック」企画や各remixや客演などなど今年も大活躍の"やけのはら"が登場。
LIVEアクトには数度のオファーにも関わらず家族との年越しを理由に直前まで出演固辞を続けた"Y.I.M"の二人を無理やり招致。
こちらも当日「EMCと思い出野郎」でLIVE出演するDJサモハンキンポー a.k.a.松下源と若手ながら腰に”キク"グルーヴ感高めなDJで注目度上昇中のeyEScreamのDJや、国籍不明/トラウマ必死な謎のチーム"浪漫猫洲恋(ろまねすこ)"のショーケースもアリとラウンジながら盛りだくさん具だくさんなラインナップ。
 
151231_ph_kubotatakeshi.jpg
主に毎週末、都内各所や全国各地でDJ。ジャンルレス、タイムレス、かつボーダーレス、もっと言えばホームレスな何にも属さない印象的な選曲と個性的なミックスを収録した幾つかの魅力的なタイトルを公式、非公式にリリース。異色のヒップホップグループキミドリでの活動も知られている。また、サウンドクリエイターとして数多くのリミックスやプロダクションも手掛けた。これらの活動を90年代初頭から現在まで一定のスタンスを崩すことなく継続中。
 
151231_ph_yakenohara.jpg
DJ、ラップ、トラックメイカー。『FUJI ROCK FESTIVAL』、『METAMORPHOSE』、『KAIKOO』、『RAW LIFE』、『SENSE OF WONDER』、『ボロフェスタ』などの数々のイベントや、日本中の多数のパーティーに出演。2009年に七尾旅人×やけのはら名義でリリースした「Rollin' Rollin'」が話題になり、2010年には初のラップアルバム「THIS NIGHT IS STILL YOUNG」をリリース。2012年には、サンプラー&ボーカル担当しているバンドyounGSoundsで、アルバム「more than TV」をリリース。2013年、セカンドアルバム「SUNNY NEW LIFE」をリリース。DJとしては、ハウスやディスコを中心としたロング・セット、またTPOに応じた幅広い選曲でフロアを沸かし、Stones Throw15周年記念のオフィシャルミックス「Stones Throw 15 mixed by やけのはら」など、数多くのミックスを手がけている。雑誌「POPEYE」でのコラム連載や、YUKI、でんぱ組.inc、中村一義などを手がけるリミキサーとしての活動も行っている。
 

ページトップへ戻る

Loading...
  • WWW2号店「WWW X」9月1日にオープン
  • STAFF WANTED!

?u?b?L???O/?????p?????Ă????????

HOW TO BUY TICKET

WWW Produced by SPACE SHOWER TV

THE PUBLIC