JULY

07

SUN

LIVE EVENT

mergrim HFV set with Kazuya Matsumoto/Cokiyu/Jessica & yuanyuan x Junichi Akagawa/aus + Takcom/Go-qualia x Naohiro Yako/henrytennis/lycoriscoris Band Set/DJ:Ametsub/Subheim/Fugenn&TWE/Kan Sano/Licaxxx/Nyolfen/Tessei Tojo/DJ蟻/qurea/Metome/agraph mergrim "Hyper Fleeting Vision" release party presented by PROGRESSIVE FOrM & moph records

130707_main_mergrim.jpg

OPEN/START
16:00 / 16:00 (Close 21:30)
ADV./DOOR
¥2,500 / ¥3,000(税込/ドリンク代別/オールスタンディング)
※前売り購入者特典※
<mergrim『Hyper Fleeting Vision』収録「Unending Chain feat. yuanyuan」のGeskia!エクスクルーシヴRemix><PROGRESSIVE FOrMとmoph records音源を使用したqurea DJ Mix>
を収録したCDRを前売りでのご来場者様に特典プレゼント!
LINE UP
Main Floor
Live:
mergrim HFV set with Kazuya Matsumoto / Cokiyu / Jessica from Ngatari and yuanyuan x Junichi Akagawa / aus + Takcom / Go-qualia x Naohiro Yako / henrytennis / lycoriscoris Band Set / agraph / Subheim(new!)
DJ:
Ametsub 

Smoking Lounge
Fugenn & The White Elephants / Kan Sano / Licaxxx / Nyolfen / Tessei Tojo / DJ蟻 / qurea / Metome 
TICKET
一般発売:4/27(土)
チケットぴあ[P:200-177] / ローソンチケット[L:78113] / e+
前売り取り扱い店:
DISK UNION各店(渋谷クラブミュージックショップ/新宿クラブミュージックショップ/下北沢クラブミュージックショップ/吉祥寺/池袋)、more records(大宮)
INFO
PROGRESSIVE FOrM & moph recordsからリリースされたmergrimのニューアルバム『Hyper Fleeting Vision』を記念したイベントを多彩なゲストを迎え七夕の7月7日(日)に開催します。

メインフロアでは、mergrimがHFV setを盟友であるドラマーの松本一哉に加え『Hyper Fleeting Vision』に参加したCokiyu/Janis Crunch/Jessica/yuanyuanとHz-recordsからのリリースでも知られるJunichi Akagawaの映像と共に披露、
またゲストライブ・アクトとして、2006年から2012年までに手掛けたリミックスをコンパイルしたアルバムをリリースしたausがそのアートワークを手掛けた映像作家Takcomとのセット、
Virgin Babylonからの2ndアルバムが待たれるGo-qualiaは共に分解系レコーズを主催する映像作家Naohiro Yakoとのセット、
cinra recordsより2006年と2009年にクロスオーバーなサウンドで大きな注目を集めたアルバムをリリースし今年1月に活動を再開した6人編成のhenrytennis、
moph recordsから1stアルバムをリリースしたlycoriscorisはバンドセットで参加、
またDJとしてAmetsubがイベントに彩りを添えます。
またソロ活動と併行しフルカワミキやナカコーらとのバンドLAMAまた昨今では電気グルーヴのライブサポートも務めるagraphのライブ出演が決定しました!
加え、来日するギリシャ出身ベルリン在住Kostas KのソロユニットSubheimがメインフロアに東京初パフォーマンスを披露する事が決定致しました!

ラウンジでは、PROGRESSIVE FOrMからアルバムをリリースしているFugenn & The White Elephants、Nyolfen、Tessei Tojoの3組、
Wax Poetics Japanを仕掛けるGruntStyleより昨年2ndアルバムをリリースした注目のピアニスト/プロデューサーKan Sano、
オールジャンルにプレイするDJとして注目が広がり最近ではライブも行うLicaxxx、
moph recordsからは『Hyper Fleeting Vision』のリリースに絡みPROGRESSIVE FOrM音源のミックスCDを制作したDJ蟻、
長いキャリアを誇り様々なサウンドをプレイするqureaらが参加します。

WWWの強力なシステムFUNKTION-ONE+映像環境を元に、現在進行形でシーンをリードしつつ素晴らしい音楽を創造する注目のアーティスト達が一同に介したスペシャルイベントとなります!


主催・企画制作:PROGRESSIVE FOrM / moph records

<<タイムテーブル発表!>>

130707_TT.jpg



mergrim.jpg
mergrim
兵庫県宝塚市出身。東京を中心に活動する音楽家、光森貴久によるソロプロジェクト。1998年よりバンドなどを経て2004年より現在のスタイルでのキャリアをスタート。2006年に有志と電子音楽のレーベルmoph recordsを設立。2008年、レーベルメイトとのUnit、mophONEの1stAlbum『plug』を発売。mergrim名義では2011年1月に1stソロアルバム『Invisible Landscape…』をリリース。精力的にライブを行い、Dommune、PROGRESSIVE FOrM 10th@liquidroom、Flyrec 10th、渋響、BUNKAI-KEI SHOWCASE@WOMBなど電子音楽重要パーティに参加。YMOのカバー集[YMO REWAKE]に楽曲提供。同年11月にはmasato tsutsui, kazuyamatsumotoと共に3都市に及ぶ単独中国ツアーも成功させる。2012年4月、電子音楽最高峰のフェスの一つ、SónarSound Tokyo 2012に出演。6月には大阪、神戸、千葉の初国内ツアー、9月よりベルリン、ミュンヘン、ロッテルダムなどヨーロッパツアーも成功に収めた。11月、Ametsub、agraph、miaou、cokiyu、DJ Sodeyamaなどによるリミックス盤と打楽器奏者Kazuya Matsumotoと行った様々な公演をマルチコンパイルしたLIVE盤との2枚組のアルバム『Intersect Landscape…』を発売。2013年1月、ベルリンのLebensFreude RecordsとのコラボレーションEPを1月にリリース。そして4月14日、電子音楽レーベルの名門PROGRESSIVE FOrMとmoph recordsの共同により2ndフルアルバム『Hyper Fleeting Vision』をリリース。いずれの活動も聴覚より五感へと紡ぎ、記憶に繋がる様に実験、実践を繰り返している。
http://www.mergrim.net
http://www.mophrec.net


Kazuya Matsumoto.jpg
松本一哉 / kazuya matsumoto
石川県出身の打楽器奏者。波紋音や銅鑼などの打楽器を中心に、玩具、生活用品、廃材、我楽多などの非楽器など、惹かれたモノなら何でも用い、理屈ではなく直感や衝動、無意識で求める音を大切に活動。音楽表現を追求する姿勢、音への飽くなき熱意などが支持を得てAmetsub、sawako、Taishi Kamiya、FourColor、minamoなどの電子音やサウンドアート、音響系などのアーティストとの共演もしている。filmusicをテーマに活動しているバンドcacica(ex soultunefactory)、サウンドアーティスト34423とのユニット〇(wa)、同じ打楽器奏者の齋藤功との打楽器デュオなどのメンバーとしても活動中。ドラマーとしては、school food punishment、チーナ、FilFla、henrytennis、mergrim、yuanyuanなど、数々のユニットやバンドにライブやレコーディングに加入・参加・サポート。メジャー・インディー、ジャンルを問わず支持を得ている。
http://www.horhythm.com/


agraph_350_5x5.jpg
agraph

牛 尾憲輔のソロユニット。2003年からテクニカルエンジニア、プロダクションアシスタントとして電気グルーヴ、石野卓球をはじめ、様々なアーティストの制 作、ライブをサポート。ソロアーティストとして、2007年に石野卓球のレーベル"PLATIK"よりリリースしたコンビレーションアルバム 『GATHERING TRAXX VOL.1』にkensuke ushio名義で参加。
2008年12月にソロユニット"agraph"としてデビューアルバム『a day, phases』をリリース。石野卓球をして「デビュー作にしてマスターピース」と言わしめたほどクオリティの高いチルアウトミュージックとして各方面に評価を得る。
2010 年11月3日、前作で高く評価された静謐な響きそのままに、より深く緻密に進化したセカンドアルバム『equal』をリリース。2011年以降は agraphと並行して、ナカコー(iLL/ex.supercar)、フルカワミキ(ex.supercar)、田渕ひさ子(bloodthirsty butchers/toddle)との新バンド、LAMAのメンバーとしても活動。その他、REMIX、アレンジワークをはじめ、アニメ作品の劇伴やCM 音楽も多数手掛けるなど多岐にわたる活動を行っている。
http://www.agraph.jp


aus.jpg
aus
東京出身のアーティスト Yasuhiko Fukuzonoによるソロ・プロジェクト。幼少期から音楽に触れ始め、10代の頃より主に実験映像作品の音楽を手掛けてきた。2004年よりaus名義で活動開始後、海外レーベルを中心に4枚のフルアルバムをリリース。これまでにSummer Sonic、SonarSound Tokyo、De La Fantasiaなど国内を代表する音楽フェスティバルに出演、今年3月には全18都市22公演のヨーロッパツアーにて、Ulrich Schnauss、Fennesz、Matmosらと共演するなどワールドワイドな活動を展開している。最近ではClara Hill、Sylvain Chauveau、Gutevolkらとのコラボレーションで日常の音を巧みに取り入れた繊細なサウンド・プロダクションを披露。エレクトロニック・ミュージックをベースとしながらも、人肌を感じさせるような暖かいサウンドと、緻密かつ大胆なビート・メイキング、透明感溢れる美しい旋律に彩られた個性的な作品の数々は、幅広く支持されている。
http://www.ausmusik.com/


Takcom_auslogo.jpg
Takcom
映像作家、ディレクター、アニメーター、デザイナー。世界中のコラボレーターと共に、様々なクライアントワークを手がける傍ら、即興によるミュージシャンへのライブビジュアルの提供やA/Vライブなども精力的に行う。その作品は常に複数の領域を越境した表現に焦点を当てており、海外を中心に、これまで数十ヶ国のアートフェスティバルや、ギャラリー、WEBサイトから高い評価を受けている。近年の主な上映に「NOVA」(2010、サンパウロ)、「onedotzero」(2010、ロンドン)、ライブに「Nuit sonore」(2011、リヨン)、第14、16回文化庁メディア芸術祭推薦作品等。
http://www.takafumitsuchiya.com


Go-qualia.jpg
Go-qualia
新鋭ネットレーベル「分解系レコーズ」を主宰し、その他多くのネットレーベルから楽曲/リミックスを発表。ニコニコ動画などではアニメの音声だけを抽出し音楽として再構築した「○○の声だけで」シリーズなどがある。楽曲の持つ美しさとある種のPOPさには定評があり、オンライン上にはすでに多くのファンがついている。アニメ・ゲーム等の現代を彩る文化を素材に分解、再構築し新たなエレクトロニック・ミュージックの可能性に迫る。PROGRESSIVE FOrMよりリリースされた、Pleq『Good Night Two』や、スクウェア・エニックスの人気ゲーム“ニーア”トリビュートアルバムCD『NieR Tribute Album-echo-』等にリミキサーとしての参加を経て、2011年12月にはVirgin Babylon Recordsより"魔法少女"をテーマとした初のCDアルバム作品『Puella Magi』を発売。2012年にはSonarSoundTokyo2012への出演を果たす。
http://bunkai-kei.com/


Naohiro Yako.jpg
Naohiro Yako
2010年よりトラックメーカーのGo-qualiaとともにオンラインレーベル"Bunkai-Kei records"を主宰。分解系でのリリース等のプロデュースをするほか、「OUT OF DOTS」や「Re-Union」「大ネットレーベル祭」といったイベントのオーガナイズやDJとして活動。「CreativeCommandsCompilationData」のリリースにて2012年に文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品受賞。また個人としてVJや、2002年よりメディアデザイン集団flapper3の設立メンバーとしても活動し、Go-qualia、kz (livetune)、古川本舗などのMVを手掛けている。
http://bunkai-kei.com
http://www.flapper3.com


henrrytennis.jpg
henrytennis
バンド名は「henry tennis」ではなく「henrytennis」。
2003年頃本格的に活動を開始。
ギター、グロッケンスピール、キーボード、サックス、ベース、
ドラムで構成されるインストゥルメンタルミュージック。
2006年5月、1stアルバム『Eight Rare Cases』をcinra recordsよりリリース。
2006年11月アメリカニューヨークでショートツアーを行う。
2009年11月、 2ndアルバム『R.U.R』をcinra recordsよりリリース。
2010年7月、活動停止。
2013年1月、活動再開。
http://henrytennis.com/

lycoriscoris.jpg
lycoriscoris
東京を中心に活動する音楽家。幼少の頃より楽器に触れて育ち、 バンド活動を経て2009年頃より本格的に電子音楽の制作を始める。2011年11月11日にmoph recordsより1stアルバム「from beyond the horizon」をリリース。これまでに「DOMMUNE」や「PROGRESSIVE FOrM showcase 2011」、「moph records showcase 2011」、涼音堂主催「渋響」、分解系主催「OUT OF DOTS」、TokyoMaxUsersGroup/+MUS主催「ProjectedScape」などのイベントに出演し、2012年8月には上海などの5カ所を巡る中国ツアーを行い成功を収める。ソロセットやバンドセットでのライブパフォーマンスを行い、バンドセットでは演奏におけるインプロビゼーションやコンピューター数台を同期させその瞬間でしか鳴らすことのできない音のアンサンブルを聴かせる。環境音、ノイズ、楽器の音がテープレコーダー、コンピューター間を何度も行き来し、普遍的ながら着地点が見当たらないメロディーとけだるさを感じさせるビートで瑞々しくもメランコリックな情景を描く。名義の由来は彼岸花の花言葉と言葉遊び。
http://lycoriscoris.com/


Ametsub.jpg
Ametsub
東京を拠点に活動する音楽家。2009年にPROGRESSIVE FOrMよりリリースしたアルバム"The Nothings of The North"は、世界中の幅広いリスナーから大きな評価を得て、現在のシーンに揺るぎない独特の地位を決定付けた。坂本龍一「2009年のベストディスク」にも選ばれ、ドイツのMille Plateauxからライセンスリリースが決定。SonarSound Tokyo、Sense Of Wonder、渚音楽祭、Summer Sonic 09などの大型フェスティバルにも出演を果たし、夏にはアイスランドでYagyaやRuxpinと共にライブを敢行。2011年春にはスペインのLEV Festivalに招聘され、Apparat、Johann Johannson、SBTRKT、Pantha DuPrince、Jon Hopkinsらと共演。湖の上でオーディエンスに囲まれる条件下であったが、後日L.E.V. Festivalのベストアクトと称され、同フェスティバルへ大きな衝撃を残す。2012年6月6日にリリースされた待望の3rd Albumは、新宿タワーレコードでマイブラやSigur Rosなどと並び、洋楽チャート5位に入り込むなど、未だに驚異的なセールスを記録中。昨年はFujiRock Festival'12への出演も果たし、ウクライナでのライブ、バルセロナのM!RA Festivalなど、ワールドワイドに活動を展開中。突き抜けた個性、とても稀有な場所にいながら大自然を描くような強烈なサウンドスケープは世界中にファンを広げている。
http://www.drizzlecat.org/

Subheim.jpg
Subheim(new!)
ギリシャ・アテネ出身、ベルリン在住のKostas Kによるソロユニット。グラフィックデザインや、映像作家としても知られている。2006年夏、共同オーナーとして地元ギリシャにSpectraliquidを設立した。オーナーの内の一人であるKatjaをSubheim名義のボーカルに迎え入れている。2007年、同レーベル第一作にあたるコンピレーションアルバム"Konkrete"に参加。「Howl」という曲を提供した。翌2008年3月、Tympanik Audioから1stアルバム『Approach』をリリース、楽曲「Away」はyoutubeで10万回を越える再生を記録している。またこの作品のマスタリングを担当したAtomatik13は、他のTympanik作品のマスタリングや、コンピレーションなどへのリミックス提供という形でレーベルに貢献している。2010年には2ndアルバム『No Land Called Home』を発表している。今回、東京での初パフォーマンスとなります。

Fugenn&TWE.jpg
Fugenn & The White Elephants
Shuji Saitoによるソロプロジェクト。Warp Records直系のIDM/グリッチなどをベースに、メロディアスな上モノと細部まで緻密にエディットされた高速ビートを特徴とする次世代ビートメーカー。2004年よりトラックメーカー兼DJとして活動を開始。2008年よりFugenn & The White Elephants名義でSymbolic interactionやKoenParkのリミックス他国内外の多くのプロジェクトに参加、Hz-recordsからリリース後、2011年2月10日発売となるPleq「Good Night Two」に参加する。そして同4月15日にPROGRESSIVE FOrMより待望の1stフルアルバム「an4rm」をリリース、「Narcissus」「Phonex」という2楽曲のPVと共に大きな好評と非常に高い評価を得ている。また8月にはYMOのカバーアルバム『YMO REWAKE』、2012年1月発売の『坂本龍一トリビュート』、また4月発売の『ジョビン・トリビュート』に楽曲を提供するなど、活動を幅を着実に広げ、更なる注目を集めている逸材である。4月22日にはSonarSound Tokyo 2012に出演。そして2012年5月5日、混沌としたビートと美しいメロディーが調和をなした新たな世界観を設立した待望の2ndフルアルバム『Prays』をリリース、1年以上に渡って大きなロングセラーを記録している。また同時に初期音源集『Archetype Zero』をNomadic Kids Republicからもリリースしている。
http://fugenn.tumblr.com/


Kan Sano.jpg
Kan Sano
金沢出身/東京在住のピアニスト/プロデューサー。1983年8月6日生まれ。11歳より独学でピアノと作曲を学び、16歳の時ピアニストとして演奏活動を開始。金沢で毎月ソロピアノのライブを行う。高校卒業後18歳で渡米し、ボストンのバークリー音楽大学に入学。ピアノ専攻ジャズ作曲科卒業。在学中には自らのバンドでMonterey Jazz Festivalなどに出演。ピアニストとして佐藤竹善、Twigy、COMA-CHI、mabanua、TRI4TH、Eric Lau、アンミカ、ゲントウキ、羊毛とおはな、遠藤舞(アイドリング)、Hanahなどのライブやレコーディングに参加。また新世代のビートメイカー/プロデューサーとして国内外のコンピレーションに多数参加。ジャイルスピーターソンのラジオ番組で度々紹介され話題になる。2010年、金沢在住のソロギタリスト石川征樹と完全即興演奏によるアルバム「共鳴」をリリース。2011年、デビューアルバム「Fantastic Farewell」をCIRCULATIONSからリリース。2012年、Bennetrhodes名義のアルバム「Sun Ya」をWax Poetics Japanからリリース。2013年、自主制作のソロピアノアルバム「ピアノ作品集」をライブ会場限定リリース。
http://kansano.com


Licaxxx.jpg
Licaxxx
寺山修司目指してビートメイクしたり、日々思索。夢か現か、yep!!
http://flavors.me/licaxxx


Nyolfen.jpg
Nyolfen
都内を中心に2006年から本格的にライブ活動を開始。ハードテクノ、テックハウス、ディープミニマル、さらにはエレクトロニカまで幅広い楽曲を制作。2009年、Sound&Recording誌のKen Ishiiリミックス・コンテストで佳作を受賞。2010年5月に電力レーベルから2ndアルバム『As the earth dances』をリリース、タワーレコード渋谷店J-Indiesランキングにチャートインし、大々的にコーナー展開が行われ一躍脚光を浴びる。2011年6月には分解系レコーズからコンセプトEP『fourpoles』をリリース、国内外で高い評価を得ており、今後の活躍が多いに期待される逸材である。そして2012年7月、待望の3rdアルバム『Pulse』をPROGRESSIVE FOrMよりリリース、また11月には電力レーベルより『Eclipse EP』をリリースする。
http://nyolfen.com/


Tessei Tojo.jpg
Tessei Tojo
1988年5月生まれ。卓越したメロディアスさとキレのあるビートが魅力的な楽曲を生み出す新星トラック・メーカー。ジャズベーシストだった父の影響もあり12歳からギター、ベースを弾いている。2009年からソロで活動。翌年、電子音楽イベントdoodleを主催し、PROGRESSIVE FOrMのコンピレーションアルバム『Forma. 3.10』に参加。2011年、Jemapur率いるSaluutより『Windows EP』をリリース、そして2012年10月、待望のデビュー・アルバム『My Little Beautiful』をPROGRESSIVE FOrMよりリリースする。独特なコード使いとベーシストならではの精巧なビートワークに今後の活躍が期待される才能である。


DJ蟻.jpg
DJ 蟻 [ari] a.k.a. SoniCouture
moph records所属。90年代中頃より大阪でDJ活動を開始。2001年から東京に拠点を移し、2006年に黎明期のmoph recordsに加入。Plaid, Ulrich Schnauss, i am robot and proud, Ian O’brien, Claude Young Jr., TM404/Andreas Tilliander,竹村延和, dot i/o(mito from clammbon)など国内外の様々なアーティストと共演している。世界的にみても珍しいElectronicaを中心にPLAYをする数少ないDJの1人。原曲に捉われない独自の解釈でElectronicaを中心にジャンルに捉われずPLAYする。暖かさ&硬さ、柔剛織り交ぜた音の空間を作り上げ、独特の世界観を紡ぎだしていくのが特徴。通常のDJだけでなく、5台以上のCDJを同時に使用し、即興的なLIVEパフォーマンスとしてSoniCouture LIVE DJ SETも積極的に行っている。ノベルティながら4/14に公式DJ MIX 『 A Young Person's Guide to PROGRESSIVE FOrM
2013 』をリリース。今後の活躍が期待されている。
http://www.mophrec.net


qurea.jpg
qurea
東京を拠点とするエレクトロニック・ミュージックレーベル、moph records所属。98年よりclick,minimal techno DJとして関西にて毎週4年に渡りUSEN放送でのmixshow放送、様々なパーティーのレジデントDJとして活躍し数々の海外アーティストと共演、フロントアクトを務める。06年より活動の拠点を東京に移しmie kashiwagiより変名しquestion+creationを掲げソロ・プロジェクトを開始。幾つかのレギュラーイベントを経て近年はWebクリエイティブイベントdotFesにてインスタレーションとのコラボレーション、O’Reilly Japan主催MAKE:Tokyo Meetingにて磁性流体ビジュアライザ+PICnomeとのライヴインスタレーションなど多方面とのコラボレーション制作に参加。プレイスタイルにelectronicaを加え、渋谷FMのRedbull music academyにてDJ mix放送、CBCNET主催デザイン&アート・カンファレンスイベントAPMT、TokyoMaxUsersGroupによるTMUG、ネットレーベルBunkai-kei RecordsのOut of Dots、WWW presents ”Ryoji Ikeda×Jeff Mills”、渋響@長野県渋温泉郷にDJ出演する。composerとしてMEN’S Precious年間誌面企画iPhone app、AR三兄弟製作総指揮次世代エンターテインメントへの楽曲提供、34423 (miyoshi fumi)とのlaptop processing/電子工学による実験的アプローチユニット「mimimi」での『ProjectedScape』国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト(4D2Uプロジェクト)映像へ楽曲提供など活動の場は多岐に渡る。
http://mophrec.net/
http://qurea.org
http://333mimimi.com/

Metome.jpg
Metome
大阪府出身のTakahiro Uchiboriによるソロ・プロジェクト。
関西を拠点に活動。BRDG,REPUBRIC,2.5D,DOMMUNEなど東京、県外のイベントに出演。
様々なスタイルの音楽を吸収し消化しながらも日本的な美意識を根底に現代的にアップデートされた音楽を思考し試みている。
そして2013年3月に待望の1stAlbum-OPUS Cloudをmoph reocrdsよりリリース。
http://met0me.net/

ページトップへ戻る

Loading...
  • WWW 4th Anniversary

?u?b?L???O/?????p?????Ă????????

HOW TO BUY TICKET

  • WWW on DAX

WWW Produced by SPACE SHOWER TV

THE PUBLIC