NOVEMBER

18

FRI

CLUB EVENT

WWW 1st Anniversary

cyclo. (Ryoji Ikeda + Carsten Nicolai) / NUMB + Masato TSUTSUI / O.N.O a.k.a MachineLive (tha blue herb) / にせんねんもんだい / DJ WADA (Co-Fusion) / Jemapur / and more WWW 1st Anniversary cyclo.@WWW

20111118_web_new_cyclo.jpg

OPEN/START
22:30 / 22:30
ADV./DOOR
¥3,500 / ¥4,000(税込)
LINE UP
【MAIN HALL】
cyclo. (Ryoji Ikeda + Carsten Nicolai) / NUMB + Masato TSUTSUIO.N.O a.k.a MachineLive (tha blue herb) / にせんねんもんだい / DJ WADA (Co-Fusion) / Jemapur

【W Lounge】Produced by BRDG
Quarta330 /sabi_name.jpg / Nyolfen(Denryoku Label) / Sokif / Phasma / DUB-Russell

TICKET
一般発売:10/08(土)
チケットぴあ[P:152-990]/ ローソンチケット[L:75868]/ e+
●先行受付●
受付期間10/01(土)12:00?10/04(火)18:00
URL:http://eplus.jp/cyclo-www/
INFO
WWW 03-5458-7685

【*注意*】
WWWでは22:00以降、20歳未満の方のご入場はお断りしております。
22:00以降は年齢確認のため、顔写真付きの公的身分証明書をご持参ください。

【池田亮司とカールステン・ニコライによるユニット cyclo.待望の初単独公演が WWW1周年企画で実現】
 

cyclo.は、ベルリンを拠点に活動するアーティストCarsten Nicolai(カールステン・ニコライ a.k.a. Alva Noto)と、
パリを拠点に活動するアーティスト池田亮司によるユニット。

日本の電子音楽分野の第一人者として世界中から注目を浴び続ける池田亮司。
人間の感覚とテクノロジーの臨界点に挑むような洗練された作品やパフォーマンスは、
音楽のみならず多分野に多大な影響を与えている。
カールステン・ニコライはAlva Notoとして坂本龍一との数々のコラボレーションや、
世界的な人気を誇るドイツのミニマル電子音楽レーベル raster-notonの創始者としても知られる。

5月にリリースされた10年ぶりとなるニューアルバム『id』では、
独自のプログラムで「音の波形」を見ながら、作曲、編集、実験を繰り返し、
膨大な音の破片を組み合わせることによって独自の音楽とビジュアルを創造。
攻撃的なビートにエモーショナルなダンスミュージックの要素が詰まった刺激的なサウンドと、
視覚的な美しさが伴った新しい形のサウンドデザインを提示している。
6月の野外ダンスミュージックフェスティバル『TAICOCLUB'11』では圧巻のステージでオーディエンスに強烈な印象を与えた。

サウンドの視覚化に焦点をあてビジュアルと音楽の新たなハイブリッドを探求するcyclo.が、
240V仕様のFUNKTION-ONEと300inchを超えるハイクオリティな映像スペックを装備するWWWに登場する。

競演はDJ WADA (Co-Fusion)、Jemapur、にせんねんもんだい、
NUMB + Masato TSUTSUI、O.N.O a.k.a MachineLive (tha blue herb)

独創的なビートとサウンドで自らの道を切り開いてきたオリジネイター達に加えて新鋭をラインアップ。

併設のW Loungeは
「黒川良一東京公演」「APMT NIGHT」「チャネル」などオーディオ・ビジュアル表現にフォーカスし、
第一線のアーティストとともにシーンを開拓しているイベント集団Bridge(http://bridge.tokyomax.jp/)がプロデュースする。

 

[タイムテーブル]

《メインホール》
22:30 OPEN
22:30-23:15 Jemapur
23:15-00:15 にせんねんもんだい
00:30-01:30 NUMB + MASATO Tsutsui
01:30-02:30 O.N.O a.k.a MachineLive
02:30-03:30 cyclo.
03:30-05:00 DJ WADA

《ラウンジ》
22:30 OPEN
22:30-23:30 Nyolfen
23:30-00:30 Phasma     
00:30-01:30 quarta330  
01:30-02:30 Sabi       
02:30-03:30 Sokif
03:30-05:00 DUB-Russell


※11/18当日は、cyclo.のビジュアルブック『cyclo.id』の会場限定、著者サイン入りの販売を行います。
※先日11/3にベルリンにて行われたcyclo.のミニライブ+出版リリースパーティーの様子
  →http://www.gestalten.com/news/cyclo-gestalten-space




20111118_NUMB.jpg

NUMB

New York Institute Of Audio Reserch、エンジニアリング科卒。HipHop グループである、“Buddah Brand”の マニヒ?ュレーターとしてキャリアをスタートする。1995 年、音楽家/DJ の“Calm”と共に、“Karma Musik”を立ち上げ、 Numb 名義て?のアーティスト活動をスタートする。数枚のシングルをリリースの後、1997 年にはレーベル“Revirth” を立ち上げる。Revirth は現在までに Numb 自身の作品を含め、CD20 枚、アナログレコード34 枚をリリースしている。 2006 年以降は休止していたか?、2010 年に過去の再発をリリースし、復活を告げた。そして、2011 年にはクラシックを バックボーンに持つアーティストである Sokif をリリースした。  90 年代後半より、シンセサイサ?ー等のエレクトロニック・デバイスやラッフプトップ等を用いた、演奏活動も 数多く、 行っている。過去には、“Fuji Rock Festival”や、“Metamorphose”等、海外ではパリ行われた“Batofar”や、アムステルタ?ムの“Sonic Light”、そしてデンマークの“Future Sound Of Jazz Festival”、同し?くデンマークの“Roskilde Festival”等て?演奏している。
そして、他の音楽家とのコラボレーションも積極的で、菊地成孔、坪口昌恭のグループである“Tokyo Zawinul Bach”への参加や、タブラ奏者の吉見征樹、シタール奏者の井上憲司とのユニット“Draco”や、元ゆらゆら帝国の、ドラマー、柴田いちろうとのセッション“numbxichiro”や、今年リユニオンした、奇跡のダブバンド“DRY&HEAVY”のダブを担当する等、様々な活動を繰り広げている。

20111118_masato.jpg

Masato TSUTSUI

VJとしての活動コンセプトは、「HDVJ」。リアルタイムに生成されるその高解像度は、フルHD(1920×1080)はもちろん、フィルムサイズにまで拡張することが可能。
これまでに「Metamorphose」「SonarSoundTokyo」「electraglide」「FujiRockFestival」「BigBeachFestival」などへのフェスティバルへの出演を経験。
テクノロジーの恩恵を最大限に利用する先駆的なアプローチで、映像表現が不変とするものの良さを追求。
VJとしての活動のほか、広告を主とした空間演出の分野においてリアルタイム&インタラクティブ映像のプログラム開発も行っている。

20111118_ono.jpg

O.N.O a.k.a MachineLive (tha blue herb)

道無き道を切り開くが如く突進する猛獣のようなドラム達を世に放ち、他の追随を全く寄せ付けない完全オリジナルなビート職人。THA BLUE HERB結成以来、作品の全てのビートを創造。並行して立ち上げたO.N.O名義のソロ・プロジェクトにおいてもこれまで3枚のアルバムを発表。同時に自ら「MACHINE LIVE」と名付けたライヴ活動も活発化させ、産み出されるフリーフォームな楽曲達はリアルタイムで刻々と変化し続けていく。積み上げたマシンを体で縦横 無尽に操り、走らせ、あらゆる音楽と現場から彼の嗅覚によって選び取られたインスピレーションは、その感性とマシンを経て”O.N.Oビーツ”へと昇華される。ミニマリズム、ポリリズムの進化から生み出されたその強力なグルーヴはフロアーに絶叫と熱狂を 巻き起こす。

20111118_nisennen.jpg

にせんねんもんだい

1999年結成
東京を中心に活動
2006年に自主レーベル "美人レコード" 創立
2009年で10周年を迎える
過去、国内外多数アーティストとの共演、
計8回のアメリカ、オーストラリア,ヨーロッパツアーを敢行。
2011年spain,primavera soundやATPなどのフェスティバル出演決定。

20111118_wada.jpg

DJ WADA (Co-Fusion) (*NEW)

「あまりにも長くDJをやりすぎて、生活がDJになってしまった。DJ抜きの生活は考えられない」(「ele-king」誌 1998年10,11月号インタビューより)
‘80年代初頭、六本木のディスコよりDJとしての活動をスタートし、現在そのキャリアは約30年を超えるDJ WADA。その豊富な現場での経験から来る、一見しただけでは説明できないほど複雑なEQの操作と巧みなフェーダーさばきに代表される正確無比なテクニックは、筋金入りのパーティー・フリークや同業者であるDJ達からも熱い支持を受ける。
Heigo TaniとのCo-Fusion、Atomといったアーティスト活動においても、シーンの中で欠かせない存在。2009年10月にはソロでのニューアルバム「ONE」をリリース。
Official myspace: www.myspace.com/djwada
Official twitter: twitter.com/dj_wada

20111118_jemapur.jpg

Jemapur (*NEW)

1986年生まれ。静岡県在住。波形中毒。多目的自主レーベルLakho主宰。
2002年頃よりSabiと共にIDM/アンビエントを中心に取り扱うレーベル、
SAAG Recordsを設立したが、現在休止中。
これまでに、Dok Springs (Hydeout Productions, 2006),
Evacuation (W+K Tokyo Lab / EMI Music Japan, 2008),
Microsleep (Lakho, 2011) の3枚のアルバム発表を発表。
自身の活動の他に、Sony Playface, Nike, Uniqlo, onedotzero, WOWなどの
CM音楽や映像作品への音楽提供や、ユニットとしてDELMAK (w/ Cutsigh)、
Pull Out (w/ Manathol)など各方面で偶発的に活動中。
2010年より、石井利佳らと共に作家自身による電子音楽のセレクトショップ、Saluutを運営している。
Lakhoの作品もSaluutを通じて、年内に更に数点の作品をリリース予定している。
http://jemapur.inpuj.net/
http://www.saluut.net/

【W Lounge】Produced by BRDG (*NEW)

20111118_qua.jpg

Quarta330

Hyperdub(UK)に所属。Warp Records(UK)のFlying Lotusへのリミックスの提供をはじめ、ネットレーベルMaltine Records(JP)からのEPをリリースしている。2010年、ハートキャッチプリキュア!との出会いを契機にそれまでのチップチューンスタイルから一変して「土砂降りの中でゴム長靴を履いて歩くと、かかとが先に上がってその後にながぐつ本体がヌゴッっとついて来る感じをビートとベースラインで再現する音楽」を世界でただ一人作り出す熱心な低音くそったれビートメイカーへと転身。魔法っぽい力が発動してSonarSoundTokyoへ出演。今夏アルバムリリース予定。

20111118_sabi.jpg

sabi_name.jpg

2000年代初頭より、Hydrogen
Dukebox、Merck等のレーベルに楽曲提供。2008年にPhaseworksよりリリースされたKettel、Richard Devineらのリミックスを収録した、Kiyoとのスプリットアルバム「71:36」は日米のiTunesにて、ベスト輸入盤やベストニューアーティスト等に選出。2010年英国のレーベル、Boltfishからリリースの初のソロアルバム「Glued on Thin Memories」は、海外などでは「神の錬金術」「エレクトロニカの最高のアルバム」などの好評価を得、2011年にPhaseworksより、日本盤が改めてリリースされ即日完売。また、「71:36」はMille Plateauxのサブレーベル"Force Intel"から、2011年6月に全世界向け再発リリースもされた。SonarSound Tokyo 2011に出演した他、これまでAutechre, MiraCalix, Juan Atkins, Claude Youngなどと共演。東京藝術大学大学院音楽研究科博士課程在。

20111118_nyolfen.jpg

Nyolfen(Denryoku Label)

Denryoku Label所属。都内を中心に2006年から本格的にライブ活動を開始。
ハードテクノ、テックハウス、ディープミニマル、さらにはエレクトロニカまで幅広い楽曲を制作。
2009年にはSound&Recording誌上で開催されたKen Ishiiリミックスコンテストで佳作を受賞。
2010年5月にリリースされた2nd Album ‘As the earth dances’は、
タワーレコード渋谷店J-Indiesランキングにチャートインし、大々的にコーナー展開が行われた。
2011年6月にBunkai-Kei recordからコンセプトEP ‘fourpoles’ をリリースし、国内外を問わず高い評価を得ている。

20111118_sokif.jpg

Sokif(revirth/ekoune/cmflg)

2011年2月、Revirthは再始動第一弾となるアーティスト、Sokifのアルバム”your voice”をリリースする。 それは、薄靄の向こうから響く、儚くも強靱なメロディ。聞けば聞くほど心の深部へ響く音楽。 Sokifは電子音楽~商業音楽~現代音楽の狭間て?独自の音楽を模索し続ける音楽家。 Nirvanaに衝撃を受け、高校時代バンド活動を開始。作曲を始める。 大学に進学後J.S.Bach/C.Debussyなどクラシック音楽に興味を持ち、音楽理論(和声/対位法/管弦楽法など)を修め、 その流れからG.ligeti/Morton.Feldman/Luc.Ferrariなどに傾倒して行き、現代音楽の作曲を行うようになる。 しかし、より自由で刺激的な場所を求め、2007年よりSokif 名義にて電子音楽の制作を始め、 同年、ヨーロッパのレーベルSound From Nowhere(lux)よりEPをリリースする。 その後、ヨーロッパ(ルクセンブルグ、スペイン)でのライブを行う。 その制作活動は、Web、CM、劇判などにも及んでいる。
また、甲田益也子(dip in the pool)、甲斐田祐輔(映画監督)、Numb(音楽家/Revirth主宰)等と共に開催した、 朗読舞台&映像&音楽によるイベント『a day in the life(春の航海前夜)(2011年2月27日@Vacant )』で、 音楽と演奏を担当し、その楽曲を再構成し、「人生の断片を 8 つの音で表現した美しく、そして聴く程に深部を揺らす音物語」“A life in the exist”を 2011 年 9 月にリリースする。

20111118_phasma.jpg

Phasma

16歳から打ち込みによる作曲を開始。
楽曲を発表する場がなく悶々とした日々を過ごしつつ2007年に制作環境をDAWへ完全移行。
2009年初頭にVOCALOIDを導入。同年3月よりニコニコ動画にて活動を開始。
2010年発表の「Emerald」が一部の音楽関係者の耳に止まり、
2011年7月にオンラインレーベル分解系レコーズより「Mirage EP」をリリース。
同年、盟友effe氏と共にプロデュースした、コンセプトコンピレーションアルバム「mono-oto」をドロップ。
参加アーティストの選定やマスタリングに12kのテイラー・デュプリー氏を招くなど、
圧倒的なクオリティへのこだわりは同人シーンの域を越え、 プロデューサーとしての才覚も備える。
手法を選ばぬ独自のリズム感と音楽への造詣深き電子音楽家。

20111118_dub_rusell.jpg

DUB-Russell

東京を拠点に活動する、首藤陽太郎とNOEL-KITによるユニット。2010年12月、TokyoMaxUsersGroupでのライブセッションを機に、DUB-Russellとして本格的に活動を開始。自ら開発したソフトウェアを用いエレクトロニカ、ブレイクビート、アンビエント、ダブ、グリッチなど様々なジャンルの音楽を即興的に再構築するスタイルで国内外から高い評価を受けている。次元をねじ曲げたような強烈なビートと、その奥に見え隠れする美しいサウンドスケープを併せ持つ斬新なサウンドで圧巻のパフォーマンスを魅せる。

 

=================================
WWW 1st Anniversary
個性豊かな19公演をまとめた特集ページはこちら!
WWW_banner_mini.jpg



ページトップへ戻る

Loading...

W Record : FREE DOWNLOAD + FREE PARTY

?u?b?L???O/?????p?????Ă????????

HOW TO BUY TICKET

  • WWW on DAX

MOBILE

WWWモバイルサイトへのアクセスはQRコードもしくは 「WWW」 を検索!

QRコード

スペシャストア アーティストコラボ商品満載!

WWW Produced by SPACE SHOWER TV

THE PUBLIC