06 /

19

Tue

  • WWW
  • WWW X
  • WWW β

クリヨウジ aka 久里洋二 × 坂本慎太郎 / キュレーター:宇川直宏(DOMMUNE)

GEORAMA2017­-18 presents 2018 チャネリング・ウィズ・ミスター・クリヨウジ

クリヨウジ aka 久里洋二 × 坂本慎太郎 / キュレーター:宇川直宏(DOMMUNE)
WWW X
OPEN/START
18:30 / 19:30
ADV./DOOR
¥5,500 / ¥6,000 (税込 /ドリンク代別)) SOLDOUT
LINE UP
クリヨウジ aka 久里洋二 × 坂本慎太郎 / キュレーター:宇川直宏(DOMMUNE)
TICKET
一般発売:5/26(土)
e+
INFORMATION

「チャネリング・ウィズ・ミスター・クリヨウジ」開催決定!

GEORAMAの人気企画「チャネリング」シリーズ、今度はクリヨウジと坂本慎太郎がタッグを組む!



"アニメーション概念の拡張と逸脱"をテーマに掲げるGEORAMA(ジオラマ)が、2016年、アメリカの伝説のアニメーション作家ブルース・ビックフォードの来日を記念して開催したイベント「チャネリング・ウィズ・ミスター・ビックフォード」!!!それに続く、アニメーション界の巨匠の功績を新たな視点から発見しなおす「チャネリング」シリーズ第二弾が開催決定!!  題して「チャネリング・ウィズ・ミスター・クリヨウジ」!!! そう、なんと今回はあの伝説のTV番組「11PM」の"久里洋二のミニミニアニメーション"(大橋巨泉さんの日、ご本人も出演!)で、 "アニメーション"の世界を日本に広めた張本人=久里洋二(現:クリヨウジ)90歳を大フィーチュアいたします!!!キュレーターは「チャネリング・ウィズ・ミスター・ビックフォード」と同じくDOMMUNEの宇川直宏が担当!!!90年代からクリヨウジの魅力を世に伝承してきた宇川が、21世紀の視点で更にクリワールドを拡張していきます!今回、そのメインイベントとして、ミュージシャンとしてのみならず自らもアニメーションを制作する坂本慎太郎が、クリヨウジの貴重なアニメーション作品にあわせて自身のオリジナル曲をフルセットライヴで演奏する、空前絶後の歴史的試みを行います!

クリヨウジは、真鍋博、柳原洋平とともに「アニメーション3人の会」を結成。1960年以降、草月会館にて、 アニメーションと前衛芸術、ポップカルチャーを混ぜ合わせる上映イベントを行い、日本に「アニメーション」という言葉を定着させました。その独自のミニマルでリミテッドな美学に基づく短編アニメーションは、各国で受賞を重ね、 世界的な評価を受けることで、戦後日本における個人作家のアニメーションの歴史の礎を作り上げました。クリヨウジは、同年生まれの手塚治虫とも切磋琢磨しあっています。いわば日本のインディペンデント・アニメーション界におけるゴッドファーザーと言えるでしょう。

対する坂本慎太郎は、ロックバンドゆらゆら帝国のボーカル&ギターとして活動開始。2010年の同バンド解散後は自身のレーベル「zelone records」を設立し、ソロとして、これまで3枚のソロアルバムをリリース。1stアルバム「幻との付き合い方」収録の「君はそう決めた」ではアニメーションに初挑戦。その後も、2ndアルバム「ナマで踊ろう」収録曲の7inchカット「あなたもロボットになれる feat. かもめ児童合唱団」、3rd「できれば愛を」収録の「ディスコって」の7inchカットのSyunsuke Onoによるカヴァー・ヴァージョンのMV、さらにはzelone recordsからリリースされた"ママギタァ"や"にせんねんもんだい"にもアニメーションMVを制作しています。

「チャネリング〜」シリーズは、毎回アニメーション界のレジェンドをお招きし、現代のミュージシャンとコラボレーションすることで、世代を超えて「チャネリング」していく人気イベントです。2016年の第一弾「チャネリング・ウィズ・ミスター・ビックフォード」では、坂本慎太郎をはじめ、smallBIGs(小山田圭吾+大野由美子)、EYヨ、菊地成孔、トクマルシューゴ、コムアイ(水曜日のカンパネラ)などが来日したアメリカのレジェンド、ブルース・ビックフォードを迎え撃つ伝説のイベントとなりました。今回は、今年90歳を迎えたクリヨウジが、ミュージシャンでありアニメーターでもある坂本慎太郎と、相まみえます! 日本の文化史において偉大なる功績を残してきたクリヨウジが、この夜、またしても、その達成を未来へとつないでいくための新しい重要な一歩を刻みます!!!!!!!

なお、「チャネリング・ウィズ・ミスター・クリヨウジ」については、今後もさらなる刺激的なイベントを発表予定です! ご注目ください。

■本企画キュレーター宇川直宏によるコメント

「戦後日本にアートアニメーションという新しい地平を切り開いた(久里洋二改め)クリヨウジは偉大だ!!!!!!! 氏は、生誕90歳の卒寿を迎えた今も日夜セル画に命を吹き込み、この世界を動かし続けている!!!!!!! NHK『みんなのうた』で"動く絵"を体感し(MTV開局の16年前に既に)NTV『11PM』で"動くポピュラーミュージック"を享受した僕らは、"クリヨウジ"と書いて"アニメーション"と読んでいる...そう、クリヨウジこそが日本アニメーション界の真の創世神なのだ!!!!!!!! そんな偉大なクリヨウジの実験アニメーション作品を投影し、その映像に呼応しながらあの坂本慎太郎がフルセットライヴを行う空前絶後の歴史的試みがこの度、実現する!!!!!!! 新奇な歌と演奏でお伽話を口承する坂本慎太郎は、空虚な現代日本における弁士であり、サイケデリックな吟遊詩人である!!!!!! クリヨウジと坂本慎太郎!!!!!! この二大巨星の邂逅は、米朝首脳会談よりも意義深い、ドラマティックな皆既日食だ!!!!! 太陽と月が重なって描かれるダイヤモンドリングのように神秘的な天体現象が、この日、立ち現れるに違いない!!!!!!!!」宇川直宏(DOMMUNE)




main_yoji kuri.jpg

main_human zoo.jpg©YOJI KURI 2018

クリ ヨウジ(久里洋二) ※2016年にカタカナ表記に改名。

アニメーター、マンガ家、画家、絵本作家、小説家、前衛芸術家。

1928年:(昭和3)年4月9日、福井県鯖江市に生まれる。

1950年:漫画家になるため上京。横山泰三に師事。共同通信社の画信部に嘱託として勤め、時代風刺の一コマ漫画を描く。

1954年:先輩漫画家の薦めで、デッサン力を磨くべく、文化学院美術科・アテネフランセ入学。在学時も一コマ漫画の執筆を両立。

1958年:友人の福沢七朗(楢山節考)の父の経営する印刷所で自費出版した「久里洋二漫画集」で第4回文芸春秋漫画賞受賞。一躍時の人となる。二科展特選。久里実験漫画工房設立。

1960年:新たに久里実験漫画工房映画部設立。柳原良平、真鍋博と共に「アニメーション三人の会」を、日本前衛技術の聖地・草月会館で開催。実験アニメーションの制作に乗り出す。

以降、海外作家の招集、後進の横尾忠則、宇野亜喜良、田名網敬一、和田誠、朝倉摂等にアニメーションの制作を推進し、アニメーション・フェスティバルを主宰・開催した。

1962年:代表作「人間動物園」が世界中の映画祭で11冠受賞。この後、「LOVE」「ザ・ボタン」「AOS」「さむらい」「殺人狂時代」「二匹のサンマ」etc...が世界中の映画祭で受賞。久里洋二の名を世界的なものとする。

実験アニメーション以外にも、日本テレビの伝説的TV番組「11PM」のミニミニアニメーション、「ひょっこりひょうたん島」のOPアニメーション、「みんなのうた」などで作品を発表。特に18年間週一回制作した「11PM」ではアニメーション放映前に本人の出演もあり、お茶の間での知名度も獲得。これにより、久里洋二といえばお色気アニメというイメージが定着。また同時期、多数の自費出版漫画集を出版。編集、執筆、デザインもこなす制作精神は、現代に通じるパイオニアと呼ぶにふさわしい。

「11PM」後、本格的に画家としての道を選択。画業に専念し、数えきれない程の展覧会を開催。今までにニューヨーク近代美術館、パリ市立近代美術館、山梨県立美術館、池田20世紀美術館、ベルギー・ゲント市、ドイツ・シュトッゥトガルト市ほかで個展が開催されている。渋谷パルコでの展示から始まった「リサイクル・アート展」は現在も毎年開催している。個展も毎年多数、旺盛に活動中。

1982年:紺綬褒章を受章。

2007年より、アート・アニメーションのちいさな学校で教鞭を取り、後進の育成にも貢献している。

2011年:旭日小綬章を受章。

2016年:88才で書き下ろした500ページの大作漫画集「クレージーマンガ」刊行。風刺漫画家としての原点回帰、現役性を証明した渾身の一冊である。日本漫画家協会賞・大賞を受賞。

2017年:15年ぶりに「24時間テレビ」のロゴマークのデザイナーである事実が同番組内で放映・紹介された。

2018年:創設当初より関わってきた「広島アニメーションフェスティバル」の国際名誉会長に就任。90才になる現在、新作アニメーションのための音楽家探しをしながら、日々絵画制作に勤しんでいる。

公式ウェブサイト http://www.yojikuri.jp/

公式ツイッター https://twitter.com/yojikurimangapd

公式フェイスブック https://www.facebook.com/yoji.kuri

「クレージーマンガ」特設サイト https://yojikuri.wordpress.com/

main_shitaro sakamoto .jpg

坂本慎太郎

1989年: ロックバンド、ゆらゆら帝国のボーカル&ギターとして活動を始める。

2010年: ゆらゆら帝国解散。

2011年: salyu×salyu「s(o)un(d)beams」に3曲作詞で参加。自身のレーベル、zelone recordsにてソロ活動をスタート、1stソロアルバム『幻とのつきあい方 (How To Live With A Phantom)』を発表。

2012年: YO LA TENGOのジェームズ・マクニューのソロ・プロジェクト"DUMP"『NYC Tonight』にREMIXで参加。NYのOther MusicとFat Possum Recordsの新レーベル"Other Music Recording Co" から、『幻とのつきあい方』がUSリリース。

2013年: 1月11日シングル『まともがわからない』(テレビ東京ドラマ24「まほろ駅前番外地」のエンディング曲) と同ドラマ劇中音楽を手掛ける。「攻殻機動隊ARISE」エンディング曲や、冨田ラボのアルバム「Joyous」に作詞で参加。宮藤官九郎作・演出の舞台「高校中パニック!小激突!!」では作曲で参加 (2014年DVD化)。

2014年: Mayer Hawthorneとのスプリット7inch vinylを、4月19日の全米/全欧のRecord StoreDay限定でリリース(zelone/Republic)。5月28日に2ndソロアルバム『ナマで踊ろう (Let's Dance Raw)』をリリース。"Other Music Recording Co."から「ナマで踊ろう」がUK/EU (9/15)、US (9/16) リリース。11月7日、7inch&digitalにてシングル『あなたもロボットになれる feat. かもめ児童合唱団』をリリース。 

2015年: 中納良恵2ndソロアルバム「窓景」に1曲作詞で参加。坂本真綾 コーネリアスのシングル「あなたを保つもの/まだうごく/東京寒い」の3曲の作詞とアートワークを担当。坂本真綾アルバム「Follow Me Up」に1曲作詞で参加。にせんねんもんだい「#N/A」(英ON-U) のアートワークを担当。

2016年: α-Station(FM京都)にて4月より「FLAG RADIO」(偶数月毎週水曜日21:00~22:00) がスタート(1年間)。7月27日に3rdソロアルバム『できれば愛を (Love If Possible)』をリリース。11月19日7inch&digitalにてシングル『ディスコって』をリリース。12月10日空族最新劇場映画「バンコクナイツ」トリビュートリリースとして、VIDEOTAPEMUSICとの共作12inch「バンコクの夜」をEMレコードよりリリース 

2017年: グループ魂の湊カヲルのソロアルバム「俺でいいのかい」に1曲作詞で参加。コーネリアスの7inchシングル&アルバムに計3曲作詞で参加。7月14日、NYのMesh-Key RecordsよりUS盤LP『できれば愛を (Love If Possible)』をリリース。VIDEOTAPEMUSIC「ON THE AIR」のアートワークを担当。10月に独ケルンで開催された「WEEK-END Festival #7」にて初のソロライブ。独盤限定で、Devendra Banhartとのスプリット7inch vinyl「Another Planet」をリリース。テンテンコのEPに「なんとなくあぶない」(作詞・作曲)で1曲参加。

2018年: 1月17日と29日にLIQUIDROOMで国内初のライブ。

Official HP: www.zelonerecords.com

Official Instagram: https://www.instagram.com/zelone_records/

Official Twitter: http://twitter.com/zelonerecords

Official FaceBook: https://www.facebook.com/zelonerecords

Official SoundCloud: https://soundcloud.com/zelone-records-official

Official YouTube: https://www.youtube.com/user/zelonerecords

main_UKAWA.ARTIST.Photo4.jpg

宇川直宏

映像作家 / グラフィックデザイナー / VJ / 文筆家 / 京都造形芸術大学教授 / 「現在美術家」......幅広く極めて多岐に渡る活動を行う全方位的アーティスト。既成のファインアートと大衆文化の枠組みを抹消し、現在の日本にあって最も自由な表現活動を行っている。2010年3月に突如個人で立ち上げたライブストリーミングスタジオ兼チャンネル「DOMMUNE」は、開局と同時に記録的なビューアー数をたたき出し、国内外で話題を呼び続ける。2016年には『アルスエレクトロニカ』のトレインホールにステージ幅500MのDOMMUNEリンツ・サテライトスタジオを開設し、現地オーストリアからのストリーミングが世界的話題となった。http://www.dommune.com/

main_georama.jpg

「GEORAMA(ジオラマ)」

ニューディアー主催のGEORAMAは、「アニメーション概念の拡張と逸脱」をテーマに掲げる全く新しいアニメーション・フェスティバルです。ニューディアー主宰の土居伸彰をメインキュレーター/プロデューサーとして、東京都内で2年に一度のペースで、上映、ライブ、展示など多彩なかたちで世界のアニメーションの現状を見せ、革新的なプログラムによって「いま」を作り上げていきます。その第3シリーズ「GEORAMA2017-18」は7ヶ月にわたるロングランのフェスティバルとして昨年12月開催の「変態(メタモルフォーゼ)アニメーションナイト ザ・ツアー」(なかのZEROホール)にてスタート、今年1月の「ワールド・アニメーション 長編アニメーションの新しい景色」(シアター・イメージフォーラム)、5月〜6月の「食い破る表現のためのGEORAMAアニメーション・スクール」(東京工芸大学中野キャンパス)と続き、今回の「チャネリング・ウィズ・ミスター・クリヨウジ」でグランドフィナーレを迎えます!
https://www.facebook.com/georamafes.jp/

https://twitter.com/georama_jp

WWW

〒1500042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル地下
RISE Bldg,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo
150-0041 JAPAN
03-5458-7685

WWW X

〒1500042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル2F
RISE Bldg 2F,13-17 Udagawa,Shibuya,Tokyo
150-0041 JAPAN
03-5458-7688

ATTENTION

WWW / WWW Xでは22:00以降、
20歳未満の方のご入場はお断りしております。
22:00以降は年齢確認のため、顔写真付きの
公的身分証明書をご持参ください。
Over 20's only and Photo ID is required for admission to WWW / WWW X after 22:00.